2016年06月03日

明日6/4(土)ウクライナの歌手ナターシャ・グジーさんNHKドキュメンタリー番組に出演します

チェルノブイリで被災し、現在歌手として活躍中のナターシャ・グジーさんが
明日NHK総合テレビ 出演します!
6月4日(土)午後5時半〜6時 
NHK総合テレビ 『NEXT 未来のために』希望を歌った少女たち チェルノブイリ合唱団の30年
http://www4.nhk.or.jp/next-mirai/x/2016-06-04/21/15254/2075052/
ナターシャさんは事故から30年を経てはじめてプリピャチを訪れました。
チェルノブイリ原発から約3.5キロにあるプリピャチから避難した子どもたちが結成した民族音楽団で
ナターシャさんもメンバーだったチェルボナカリーナの同窓会、平和交流コンサートなども
ご紹介される予定です。是非ご覧ください!


今年チェルノブイリ事故から30年をむかえ、ナターシャさんを囲み
核の悲劇を繰り返さないためにとの願いをこめてチャリティーイベントをおこないます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チャリティイベント
「ピースオンウィング〜翼に平和をのせて〜 in TOKYO」
〜核の悲劇を繰り返さないために〜
http://www.daysjapan.net/event-info/event201605.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※収益はすべて、ピースオンウィング活動費、DAYS被災児童支援募金
 熊本震災支援金、として使用されます。

トリミング表.jpg

日時:6月27日(月)18:00〜20:00 (受付開始:17:00)
会場:六本木ヒルズ「ハリウッドホール」
東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズ ハリウッドビューティープラザ5F
入場料:一般2000円 DAYS JAPAN定期購読者1800円

内容
◆ナターシャ・グジー&飯島晶子
 朗読と歌で綴るチェルノブイリ「ふるさと〜伝えたい想い〜」
◆佐々木祐滋/スライド講演 「禎子の千羽鶴」
◆広河隆一/スライド講演 「チェルノブイリと福島」

○予定企画・パネルディスカッション「福島 広島 チェルノブイリから何を学ぶか」
・ロビー展示 「広河隆一氏写真展」ほか

【お申し込み】下記のリンクよりお申込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/61a0e916438926

お問い合わせ:TEL03-3322-0233 kikaku@daysjapan.net

トリミング 裏.jpg


☆ナターシャ・グジーさんの透き通る美しい歌声
 ぜひこちらのyou tubeからきいてみてください!!
https://www.youtube.com/watch?v=xQJog0rs7Eg
posted by デイズジャパン at 22:25| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

【急募】DAYS JAPAN 営業職

DAYS JAPANでは、営業部の職員を募集しています。
DAYS JAPANの方針に賛同し、雑誌DAYS JAPANの魅力を伝え
一緒に雑誌づくりをしてくださる方、ぜひご応募下さい。
お待ちしております!

【応募資格】
・DAYS JAPANの方針に賛同してくださる方
・事務能力のある方。
・基本的なPCの操作ができる方
ポップ、チラシの作成もあるので簡単なフォトショップや
イラストレーターが使用できる方歓迎。(しかし必須ではありません。)

※雑誌や書籍の営業経験は不問です。

【勤務地】
デイズジャパン(世田谷区松原・京王線「明大前」駅徒歩2分)

【雇用形態】
正社員 

【給与】
応相談

【応募について】
志望動機とDAYS JAPANを読んでの感想文を同封の上、
履歴書(写貼)、職務履歴書を
郵送かメールでお送りください。
郵送先 〒156-0043 東京都世田谷区松原1-37-19-302
メール info@daysjapan.net

お問い合わせ:03-3322-0233
posted by デイズジャパン at 20:54| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

DAYS JAPAN5月特大号発売!ピュリッツァ賞も受賞したフォトジャーナリストたちが捉えた世界のいま。

世界トップクラスのジャーナリストが大集結!
今月号は30ページ増の特別号
12年目を迎えたDAYS国際フォトジャーナリズム大賞の受賞作品を発表。なんと発売日前日に1位と3位の受賞者がピュリッツァ賞を受賞!そんな作品をじっくり日本語解説で見られるのはDAYS JAPANだけです。また、広河の「警告!復活する「福島安全神話」 −原発報道に見るメディアの危機」についてもお読みください。
今月書店に並ぶ雑誌で一番お買いドクだと勝手に思っている5月号。ぜひ書店やAmazon、Fujisan.co.jpなどでお買い求めください。

20160421120541.jpg
表紙はピュリッツァ賞も受賞した、セルゲイ・ポノマレフの
「ヨーロッパを目指す難民たち」

http://www.daysjapan.net/bn/1605.html

|特集1.紛争と難民|
DAYS大賞受賞作品で見る、紛争と難民
「難民の時代、世界はどこに向かうのか ー 「他人事」ではいられない日本」 文/浅井基文
・新たな生活をもとめて/ヤニス・ベラキス(Reuters)
・ヨーロッパを目指す難民たち/セルゲイ・ポノマレフ  ほか
|特集2.いのちのきらめき|
・イラン・盲目の少女 光を探して/ゾレ・サベリ(Mehr News Agency) 
・中国 木を植えるふたり/エリック・サンパース   
<最終審査委員>池田香代子、大石芳野、山田洋次、加藤登紀子、江成常夫、金平茂紀、ジョン・G.モリス氏、ジャンフランソワ・ルロワ、レネー.C.バイヤー氏、広河隆一
<後援>日本写真協会、日本写真家協会、朝日新聞社、読売新聞社、土門拳記念館、東京都写真美術館
|福島原発事故から5年|警告!復活する「福島安全神話」/広河隆一
|トピックス|ベルギー ブリュッセルの連続テロ事件でベルギー政府、シリアへの空爆拡大か?
|アニマルワールド|立派なおひげでしょ  など

#ピュリツァー賞 #ピュリッツァ賞 #ピュリッツァー賞
posted by デイズジャパン at 19:14| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

九州電力に川内原発の即時停止を要請

この度、「川内原発の即時停止を求める有志の会」は、
九州電力に川内原発の即時停止の要請を致しました。


川内原発の即時停止を要請します


九州電力殿

私たち「川内原発の即時停止を求める有志の会」は、九州全域を巨大地震が襲っている状況の中で
川内原発を停止させる措置を取らず、原発を運転し続ける九州電力に対して、川内原発の即時停止を要請します。

テレビの画面には、「稼働中の鹿児島 川内原発1・2号機 異常なく運転」との報道が流れていますが、
異常があってからでは遅いということは、これまでの福島第一原発事故の経験から、誰の目にも明らかです。
今とるべき唯一のことは、すぐに原発を停止し、万が一の事態に備えることです。
九州では今、大震災に襲われ、多くの人が被災しているなか、懸命の救援が続いています。
そのような、ただでさえ大変な不安な状況の中で、人々は、次の大地震がもしかして川内原発を
襲うのではないかという恐怖にさいなまれています。
私たちは九州電力に、原発の稼働を即時中止するよう要請します。

2016年4月16日

落合恵子 (作家) 
鎌田 慧 (ジャーナリスト)
澤地久枝 (作家)
広河隆一 (フォトジャーナリスト)
広瀬 隆 (作家) 
山田和花(のどか)(SEALDs)



川内原発の即時停止を求める有志の会 連絡先 
東京都世田谷区松原1−37−19−401 広河隆一事務所 気付 
TEL:03−5376−7898/080−5383−0233
FAX:03−3322−0353


川内原発の即時停止を要請します .pdf
posted by デイズジャパン at 21:52| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする