2016年08月08日

8月24日広河隆一の最新チェルノブイリ報告 時間変更のお知らせ

8月24日の広河隆一の最新チェルノブイリ取材報告会
以前は18時30分からとご案内しておりましたが、時間が変更になりました。

19時開始、18時30分開場です。

当日は7月のウクライナ取材でおこなった現地の医師や母親へのインタビュー内容を発表します。
●チェルノブイリ 小児甲状腺がんの数えられなかった患者たち
●母になった小児甲状腺がんの体験者たち
いま、日本へのメッセージ保養と心のケア
など。
どうぞお誘いあわせの上おいでください
これ!8.jpg

【8月24日の広河隆一の最新チェルノブイリ取材報告会】

日時:2016年8月24日(水)
18:30開場 19:00開演 
会場:北沢タウンホール2階 第一会議室 (下北沢駅より徒歩5分)
東京都世田谷区北沢2-8-18
参加費:500円
報告者:広河隆一(DAYS被災児童支援募金代表) 
主催:DAYS被災児童支援募金 後援:デイズジャパン   
申込み
メール:shienbokin@daysjapan.net
電話:03-5376-7898
posted by デイズジャパン at 20:31| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

8/24「広河隆一 チェルノブイリ最新報告会」

DAYS被災児童支援募金より、報告会のお知らせです。
ura_nyukou.jpg
 広河隆一が7月にウクライナとベラルーシを訪問しました。
かつて甲状腺がんになって手術し、日本のプロジェクトで保養をおこなった子どもたちが
今母親になっていますがDAYS被災児童募金ではこのたび、その母子を招いて夏の保養を実施しました。
場所は黒海沿岸の保養施設「ユージャンカ」です。
この施設のメインの建物は広河がチェルノブイリ子ども基金の代表をしていた時に
日本の手で建設したものです。
参加者たちは子どもの頃、甲状腺がんの手術に直面したときに、何を感じて
何が心の助けになったのか、など話してくれました。
こうしたことで、広河は日本の今の時期に保養がいかに大切か思い知ったと言います。
福島原発事故から5年が経過し保養支援のための募金集めも困難になっている現在、
保養をもう一度考えなおすために、今回の報告をぜひともお聞きください。

そのほか、DAYS被災児童支援募金のこの4年間の報告もおこない、沖縄・球美の里に続く
新しい保養センターの建設プロジェクトのご支援の呼びかけもおこないます。
どうぞお誘いあわせの上おいでください。


「広河隆一 チェルノブイリ最新報告会」
日時:2016年8月24日(水)18:30〜
会場:北沢タウンホール2階 第一・第二会議室(下北沢駅5分)
https://kitazawatownhall.jp/map.html

主催:DAYS被災児童支援募金
後援:DAYS JAPAN
報告者:広河隆一(DAYS被災児童支援募金代表)
参加費:500円

お申し込みは
メール:shienbokin@daysjapan.net もしくは電話:03-5376-7898にて受け付けます。



DAYS被災児童支援募金
posted by デイズジャパン at 17:37| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

7/16-7/19まで「DAYS JAPAN写真展2016 in 名古屋 地球の上に生きる」開催!

名古屋DAYS JAPAN 2016_omote.jpg

先月の東京に続き、今週末から名古屋でDAYS JAPANの写真展が始まります。
ピュリッツァ賞を受賞した難民たちの写真など、1万点の応募作品から選ばれた、
世界トップレベルの写真約80点が会場に展示される予定です。

止まない「テロ」の悲劇、命を脅かされ土地を追い出された難民たち、先進国の豊かさの背景にある人間や動物たちの犠牲など。メディアの報道からは、本当は何が起きているのか
なぜ起きてしまったのか、正しく「知る」ことがますます困難になっているいまだからこそ
多くの方に見ていただきたいです。
世界は右傾化し、日本政府はいよいよ改憲へ舵を切ろうとしています。
世界で起きていることは、これからの私たちの未来に大きく関係していきます。写真を通じて
世界の今を知り、日本はどこに向かっているのか考えるきっかけになればと思います。

今回も長年支えてくださってる、DAYS JAPANサポーターズクラブ名古屋のみなさんや
支援者の方々のおかげで写真展を開催することができます。

7月17日(日)には、広河隆一の講演会と映画「広河隆一 人間の戦場」の上映会など
毎日イベントも予定されています。ぜひお知り合いの方も
お誘いの上お越しください。
遠方の方もこの連休は名古屋までドライブなどいかがですか?
多くの方のご来場をお待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------
DAYS JAPAN 写真展 2016 in 名古屋
地球の上に生きる
http://www.daysjapan.net/event-info/event201605_2.html
--------------------------------------------------------------------------
日時:2016 7月16日(土) 〜 19(火)
10:00〜20:00(最終日は17:00まで)
会場:名古屋国際センター4F 第1・2展示室
http://www.nic-nagoya.or.jp/japa…/nicnews/aramashi/nicaccess
参加費:写真展500円 講演500円
展示内容:第12回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞作品
主催:DAYS JAPANサポーターズクラブ名古屋
協賛:DAYS JAPAN
後援:名古屋市 (公財)名古屋国際センター (特活)広河隆一非核・平和写真展開催を支援する会

<講演会・上映会 ※申し込み不要>
◆7月16日(土)
〇子ども食堂って知ってますか?
時間:10:00〜12:00
会場:第3研修室
講師 : 杉崎伊津子(わいわい子ども食堂プロジェクト)
本田直子(生活困窮者学習支援事業無料塾
「寺子屋学習塾」リーダー講
〇自分の未来をどう切り開く?
時間:14:00〜16:00
会場:第3研修室
講師 : 吉野裕斗(高校生 世界一周バックパッカー)
※参加者 30代以下限定
〇マイナンバー施行半年。
何かが変わった?
時間:18:00〜20:00
会場:第3研修室
講師 : 新海聡(弁護士)


◆7月17日(日)
〇映画「広河隆一 人間の戦場」
時間:10:00〜12:00
会場:第1会議室
〇今ジャーナリストとして訴える
講師 : 広河隆一(フォトジャーナリスト、DAYS JAPAN発行人)
時間:14:00〜16:00
会場:第1会議室


◆7月18日(月・祝)
〇映画「ザ・思いやり」
時間:10:00〜12:00
会場:第3研修室
〇辺野古レポート〜非暴力を貫く闘い〜
講師 : 具志堅邦子(あいち沖縄会議)
時間:14:00〜16:00
会場:第3研修室


◆7月19日(火)
憲法を変えるって!
どうするの?
講師 : 飯島滋明(名古屋学院大学)
時間:14:00〜16:00
会場:第3研修室
posted by デイズジャパン at 16:53| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

【番組のご案内】6/23 午後7時〜 「チェルノブイリ30年、その現実〜福島の未来を見つめて〜」

来週6月27日(月)の六本木でのイベント「ピースオンウィングinTOKYO 核の悲劇を繰り返さないために」で登壇される、ナターシャ・グジーさんが、明日6/23放送のBS朝日の番組に出演されます。


☆★6月23日(木)午後7:00〜8:54 
BS朝日 ザ・ドキュメンタリー
「チェルノブイリ30年、その現実〜福島の未来を見つめて〜」
http://www.bs-asahi.co.jp/documentary/


番組ではシャシンソン歌手のクミコさんがナビゲートし
事故から30年目のウクライナを旅します。
またナターシャさんが16年前に来日した際に受け取った
広島の原爆の子の像のモデルになった佐々木禎子さんの
折り鶴を、30年目の今年、日本とウクライナとの友好のしるしに
ウクライナへ寄贈しました。
その折り鶴をナターシャさんからウクライナ大統領夫人に手渡す場面なども
放送されますのでぜひご覧ください。


来週、6月27日のイベントでは、
佐々木禎子さんの甥、佐々木祐滋さんが「禎子の千羽鶴」についての講演と
ナターシャ・グジーさんを囲んで、佐々木さん、広河隆一とともに
パネルディスカッションなど盛りだくさんの内容です。

今回、大学生は500円、小中学生は無料でご来場いただけます。
ご家族でもお越しいただきたいです。
お知り合いにもご紹介いただけますと大変うれしいです。

<いよいよ来週!>
チャリティイベント
「 ピースオンウィングin TOKYO 〜翼に平和をのせて〜」
 −核の悲劇をくりかえさないために−
http://www.daysjapan.net/event-info/event201605.html
日時:6月27日(月)午後6:00開演(午後5:00開場)
場所:六本木ヒルズ ハリウッドホール
   *ハリウッドビューティープラザ5F

トリミング表.jpg
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by デイズジャパン at 23:51| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

『日本会議の研究』著者 菅野完氏 講演会開催!! 6/20(月)「日本会議と安倍政権」 

DAYS JAPANより緊急講演会「日本会議と安倍政権」のご案内です。


日本会議講演会チラシ.jpg
↑クリックすると拡大されます。


4月末に発売されたある新書が、発売数日で売り切れ店続出。
またたく間に大ベストセラーとなった。
その本の名は『日本会議の研究』(扶桑社新書)。
51mlQJm62kL._SX302_BO1,204,203,200_ (1).jpg
日本会議は民間保守団体で、安倍政権に絶大な影響力を及ぼしているという。
安倍内閣の半数の閣僚はこの日本会議に属し、「靖国参拝」「教育基本法改正」「集団的自衛権行使容認」などの動きは、驚くほど日本会議の方向性と一致。彼らはなぜこれほどの力をもつに至ったのか?その正体とは?『日本会議の研究』の著者が語る。



緊急講演会「日本会議と安倍政権」
日時:6月20日(月) 開場18時半 開演19時 
会場:なかのZEROホール(小ホール)
   http://www.nicesnet.jp/access/zero.html
参加費:1000円
主催:DAYS JAPAN

申し込みは、以下から!
フォームメーラー https://ssl.form-mailer.jp/fms/98b69a76380237

もしくは、
FAX 03-3322-0353
メール kikaku@daysjapan.net
にて受け付けます。

多くの方のご参加お待ちしております。
※定員になり次第申し込みは閉め切らせていただきます。



☆講師プロフィール☆
菅野完(すがの・たもつ)
著述家。1974年、奈良県生まれ。一般企業のサラリーマンとして勤務するかたわら執筆活動を開始。
退職後の2015年より主に政経分野の記事を雑誌やオンラインメディアに提供する活動を本格化させる。
同年2月から扶桑社系webメディア「ハーバービジネスオンライン」(http://hbol.jp)にてスタートした連載
「草の根保守の蠢動」は大きな話題を呼び、『日本会議の研究』(扶桑社)刊行の元となった。
著書に『保守の本分』(単著・noiehoie名義・扶桑社)『踊ってはいけない国で、踊り続けるために』(共著・河出書房新社)など。
2016年4月に出版された『日本会議の研究』は、ベストセラーとなっている。
一方「日本会議」はこの本の出版の差し止めを申し入れている。
posted by デイズジャパン at 21:26| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする