2016年04月01日

【講演会】4/20 危機に瀕する日本のメディアについて、3人のジャーナリスト広瀬隆、藍原寛子、広河隆一が語ります

あの巨大事故から5年。
なぜ日本では、原発再稼働が可能になり、海外原発輸出も進んでいるのか。
安保法制、改憲、非常事態法、沖縄への強権発動。
こうしたなか、どうして次々と、心あるキャスターたちが降板になるのか。
安倍政権のもと暴走する政治とメディア管理。
なぜ人々はそれを止められないのか。

今一度立ち止まり、メディアの役割を考えるイベントを開催します。

広瀬隆氏とDAYS JAPAN発行人の広河隆一は今回3年ぶりの共演となります。
また、元福島民友社の記者で医療ジャーナリスト
藍原寛子さんから、福島でメディアは何を伝えているのか
お話いただきます。
多くの方のご参加お待ちしています。

危機に瀕するメディアチラシ.jpg


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■講演会□
「危機に瀕するメディア」原発問題から安保法制まで
私たちは何を伝えられ、何を伝えられていないのか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チラシデータはこちらからダウンロードできます↓↓
http://www.daysjapan.net/event-info/pdf/chirashi201603_2.pdf

 講演テーマ
・広瀬隆「メディアはなぜ人々を裏切り、どこに導くのか」
・藍原寛子「福島でメディアは何を伝えているか」
・広河隆一 特別映像「原発事故報道」
      講演「政府の安全宣伝と被害の隠ぺい」


【日時】2016年4月20日(水)19:00開演(18:30開場)
【会場】文京シビックホール小ホール
    http://bunkyocivichall.jp/access
・東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園」直結
・都営地下鉄三田線・大江戸線「春日」駅直結
・JR中央・総武線「水道橋」駅徒歩10分
【入場料】一般:1,000円 
DAYS JAPANの定期購読者:800円
     ※高校生以下と73歳以上は無料

≪予約方法≫
○フォームメーラーから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/15d91938428267

○電話:03-5376-7898 もしくは
メール hiropress@daysjapan.net
でお申し込みの方は、参加者名、
連絡先、DAYS JAPAN定期購読の有無を
お知らせください。

主催:広河隆一事務所
後援:DAYS JAPAN


posted by デイズジャパン at 22:58| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。