2015年01月22日

JVJA がイスラム国による日本人人質事件に対する声明

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会( JVJA )が今回のイスラム国の日本人人質事件に対する声明を出しています。
下記リンクに日本語と英語そしてアラビア語で出ています。
ぜひみなさん拡散をしてください。
http://www.jvja.net/JVJA_IS.htm

JVJA-on-IS.doc
اتحاد الياباني للصحافة المرئية.docx
日本人人質事件に対するJVJAの声明.doc
+++++++++++++++++++++++++++++++


IS(イスラム国)による日本人人質事件に対する声明

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会( JVJA )はフォトジャーナリストやビデオジャーナリストの団体です。

 私たちは、イラク戦争とその後の占領下において、米英軍を中心とした有志連合軍による攻撃がイラク市民にどんな災禍をもたらされたかを取材、テレビや新聞などで報道してきました。また、イスラエルのパレスチナ・ガザ地区への無差別攻撃に晒された市民を取材し、テレビや新聞等で報道してきました。私たちの報道はけっしてアメリカやイスラエルの攻撃を肯定するものではありませんでした。
私たちは現在の安倍政権の戦争を肯定するかのような政策を、報道を通して批判しています。イスラエルのガザ攻撃に対しても、私たちは強く批判してきました。
今まで日本は中東では好意的に見られていました。しかし安部政権は中東を新たなビジネスチャンスとして、経済政策を進めようとしています。今回の日本政府の行動は多大な責任があります。今や日本ははっきりと欧米側として区分けされたといえます。
 現在、IS(イスラム国)が拘束している後藤健二さんには、取材の現場で会ったことがあります。後藤健二さんもまた、イラクやシリアでの戦火に苦しむ市民の現状をテレビやインターネットで報道してきました数少ないジャーナリストです。湯川遥菜さんは、私たちと直接の接点はありませんでしたが、報道によると個人的な興味から「イスラム国」に入ったようです。
 私たちは、IS(イスラム国)の皆さんに呼びかけます。日本人の後藤さんと湯川さんの2人を殺さないように呼びかけます。人の命は他の何ものにも代え難いものです。
 私たちは、同時に日本政府にも呼びかけます。あらゆる中東地域への軍事的な介入に日本政府が加担することなく、反対し、外交的手段によって解決する道を選ぶようにと。

2015年1月20日
日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)


posted by デイズジャパン at 08:11| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。