2014年04月04日

4/24(木)チェルノブイリ28周年救援キャンペーン【チェルノブイリと福島】

チェルノブイリ原発事故から今年で28年となります。
チェルノブイリ子ども基金では、今年も被災地支援のイベントを開催します。

当日はDAYS JAPAN 編集長 広河隆一も「最新報告 チェルノブイリと福島」と題してスライド講演を行ないます。つい先日、チェルノブイリ取材から戻ったばかりの広河の話は、これからの福島を見据えるためにも、非常に重要なものになります。

また、4歳のときに原発事故で被ばくし、13歳で甲状腺がんの手術を受けながら、その後2008年に無事長女を出産したシネオカヤ・インナがウクライナから来日。「原発事故の被災者として、母として生きる」と題し、講演を行います。

2014chirashi-A.jpg2014chirashi-B.jpg

チェルノブイリ28周年救援キャンペーン
◆講 演 会「チェルノブイリと福島」


2014年4月24日(木)19:00開演(18:30開場)
文京シビック 小ホール

最寄駅 
○東京メトロ 丸ノ内線・南北線 後楽園駅 
○都営地下鉄 三田線・大江戸線 春日駅
○JR中央線・総武線 水道橋駅

入場料:1000円(中学生以下無料)

<スライド講演> 広河 隆一 『最新報告 チェルノブイリと福島』
フォトジャーナリスト/Days Japan編集長/ 沖縄・球美の里」理事長/
「チェルノブイリ子ども基金」設立者

<ゲスト> シネオカヤ・インナ 『原発事故の被災者として、母として生きる』
1981年生まれ。ウクライナ・キエフ市。4歳の時に原発事故で被曝。
13歳の時に甲状腺がんの手術を受けた。2008年に長女を出産。

〔主催〕
チェルノブイリ子ども基金/チェルノブイリ子ども基金・文京/
未来の福島こども基金

〔予約受付・問合〕
チェルノブイリ子ども基金  
Tel/Fax: 03-5228-2680
E-mail : cherno1986@tokyo.email.ne.jp

ぜひ、お出かけ下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

営業部
佐藤典子


posted by デイズジャパン at 19:36| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。