2014年03月13日

DAYS JAPAN1月号【全国原発事故 避難シミュレーション】

原発再稼働への動きが急速に高まっています。DAYS JAPAN は1月号で原発から30キロ圏内市町村に避難計画についてのアンケートを実施。内容は以下の通りです。

F-cover_1401.jpg柏崎刈羽原発.jpg川内原発.jpg

≪自治体避難計画アンケート≫

@原発事故を想定した避難計画(避難経路を含む)をお持ちですか?
お持ちの場合、原発からどのくらいの範囲に住む住民を対象としておりますか?
お持ちでない場合は作成の予定をお聞かせください。

Aそれを住民の皆さんにどのように周知されていますか?
それはいつしましたか?

B避難計画は、地震が併発した場合、
地震と津波が併発した場合用にも作っておられますか?
道路が分断された場合の想定はどうですか?

C風向きによって放射線の流れる方向も変わりますが、
風向きなどによる避難をどのようにシミュレーションされていますか?

D原発事故が起きた場合、住民への避難指示は、
国からの要請を受けてから行いますか?それを待たずに行いますか?
国からの要請が来るまでの住民への指示はどのように計画されていますか?


・泊発電所
・東通原子力発電所
・女川原子力発電所
・東海第二発電所
・柏崎刈羽原子力発電所
・敦賀原子力発電所/美浜原子力発電所/
 大飯原子力発電所/高浜原子力発電所
・志賀原子力発電所
・浜岡原子力発電所
・島根原子力発電所
・伊方発電所
・玄海原子力発電所
・川内原子力発電所


以上の各原発周辺自治体の回答を掲載。
また、地元周辺に詳しい識者の方々による避難シミュレーションは、
愕然とさせられる内容のものばかり。

DAYS JAPAN1月号【全国原発事故 避難シミュレーション】
富士山マガジンサービス
http://goo.gl/stUux7
またはDAYS JAPAN mail: info@daysjapan.net
もしくはお近くの書店で1冊からご注文いただけます。

保存版です。ぜひ、お読み下さい!
どうぞよろしくお願いいたします。

営業部
佐藤典子




posted by デイズジャパン at 11:34| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。