2014年03月06日

映画「ザルミーナ」上映 & シリア取材報告〜大阪・天満橋で開催

3月22日(土)にDAYS JAPAN 関西サポーターズクラブ読者会主催で、
【映画「ザルミーナ」上映 & シリア取材報告】が開催されます。
同日は会場でDAYS JAPAN や「世界のびっくりどうぶつ」の販売も予定しております。

img686.jpg

◆◇◆DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ読者会◆◇◆
2014年3月22日14:00(開場13:30) ドーンセンター5階視聴覚室
         
映像ジャーナリスト 玉本英子氏
映画「ザルミーナ」上映 & シリア取材報告
 
玉本英子さんは今年1月、シリアに潜入取材をされました。
今回は紛争下のアフガニスタンとシリアに暮らす女性に焦点を当てた
お話しをしていただきます。

【玉本英子さんのメッセージ】
年内にアフガニスタンから米軍や国際部隊が撤退の予定ですが、女性たちの現状に大きな変化はあったのでしょうか。2002年、私は3ヶ月間にわたり、公開銃殺刑にされた女性、ザルミーナの周辺取材をしました。なぜ彼女は夫を殺したのか。ザルミーナの人生を通して、アフガンの一面を知っていただければと思います。

そして今年、私はシリアのアレッポ県へ入りました。郊外では反政府組織間での戦闘が激化、自衛のため女性たちが次々に銃を持つ地域もありました。シリア国内の女性たちの今も、取材映像を通してお伝えします。

■ドキュメンタリー映画
『ザルミーナ・公開処刑されたアフガン女性』<アフガニスタン・50分>
監督,撮影取材:玉本英子

タリバン政権下のアフガニスタンで、ひとりの女性が公開銃殺刑になった。
夫殺し、売春、不倫。その女性、ザルミーナの周辺からアフガンの闇が見えてくる。
「母は処刑されて当然」と ザルミーナの娘は言う。
処刑までの日を追いながら、売春婦や強姦された女性を取材。
ザルミーナを公開処刑にしたのはタリバンだが、
死を突きつけたのはアフガニスタン社会であることが明らかになる。

【玉本英子氏プロフィール】
東京都出身。アジアプレス所属。デザイン事務所を退職後、ビデオ取材を始める。
イラク、コソボ紛争、アフガニスタン、シリアなどを取材、テレビ、雑誌、
ネットなどで発表。

日時:2014年3月22日(土) 14:00開演(開場13:30)
会場:ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター) 5階視聴覚室
   〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター
   http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
   ・京阪「天満橋」駅下車。東口方面改札を出て1番出口より東へ約350m。
   ・地下鉄谷町線「天満橋」駅下車。1番出口より東へ約350m。
   ・JR東西線「大阪城北詰」駅下車。2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。

参加協力費:1,000円
定員:80名(予約は不要ですが、事前にご連絡くだされば嬉しいです)
主催:DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ
協賛:市民社会フォーラム

お問合せ・ご連絡先
携帯 090-8539-7021(水野)
E-MAIL v-kansai@daysjapan.net

ほとんど報道されない、アフガニスタンの一面とシリアの現在を知る、
とても貴重な機会になると思います。
お時間の許す限り、ぜひ、お出かけください。

どうぞよろしくお願い致します!!

営業部
佐藤典子


posted by デイズジャパン at 12:26| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。