2013年12月10日

【いわきで放射能測定「TEAM ママベク」始動】DAYS JAPAN 12月号

【チェルノブイリとフクシマ】は原発事故に関する様々な側面を浮き彫りにすべく、
各方面で活動している方にご執筆頂く、地味だけれど重要な連載記事。

今月号では「いわきの初期被曝を追及するママの会」から
新たなプロジェクトとして発足した「TEAM ママベク 子どもの環境守り隊」
(以下、ママベク)の千葉由美さんに書いて頂きました。

『私たちの住むいわき市は、原発事故直後の問題が深刻でありながら、
セシウム線量が福島県内の中でも比較的低かったということで、早くから
安全宣言が出され、経済復興のためのキャンペーンが全国に向けて声高に展開されました。
それにより市民の危機感が薄くなってしまったことで、
守られていない子どもが多数存在するという問題があります』

DAYS JAPAN 12月号本文より

文中には、福島復興の一環として、福島県の学校給食で急がれている「地産地消」を取り入れる動きなど、母として疑問を抱いても何らおかしくはない状況に直面し、自分たちで放射能を測定することできちんとしたデータを示す市民活動にレベルアップしよう、というママベクの思いが綴られています。

根気よく測定を続けてきた努力の結果、今年10月からいわき市教育委員会の許可を得て、学校などの教育現場の測定も始まったとのこと。しかし、ここに至るまでのママたちの、戸惑い、苦しみが並大抵のものでなかったことは、記事を締めくくる千葉さんのことばから想像するに難くありません。

『意見の違いから生まれる分断を恐れ、
表現することを怖がるようになってしまった市民が多く存在している中で、
勇気を持って生き方を表明する強さを私たちは手に入れました。

日本という国の在り方を問い、平和への願いを抱きながら、
これまでの過ちを溶かすように、本当の強さを持ちながら、
今後もやさしい活動を進めていきたいと思っています』

DAYS JAPAN 12月号本文より

まるで全ての人類へ向けたかのような、普遍的なメッセージ。

DAYS JAPAN のページの片隅に人間としてとても大切なことが、
恐らくはどこにでもいる普通の母親だった女性によって書かれている。
こんなに感動的なことってあるでしょうか?

ママたちが直面する困難、心の声がストレートに伝わってくる、
12月号【いわきで放射能測定「TEAM ママベク」始動】
ぜひぜひ全文をお読み下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

営業部
佐藤典子


posted by デイズジャパン at 13:19| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。