2013年11月18日

今週末、大阪で開催されるイベントのご案内です。

今週末、大阪で開催されるイベントのご案内です。

◆◇◆DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ読者会◆◇◆
2013年11月23日14:00(開場13:30) ドーンセンター4階大会議室3
     福島第一原発事故現場、福島の今を語る

 対談  小川 篤    ×   矢野 宏
      (福島第一原発作業員) (新聞うずみ火 編集長)

東日本大震災から2年半以上を経過しました。
ご存知の通り、福島第一原発事故現場は汚染水の問題が大きくなっています。本来であれば事故収束に向けた作業が進められていなければならないのですが、収束作業の状況、収束作業に当たる作業員の方々の状況が伝えられておりません。

私たちは原発問題、福島第一原発の事故問題を考える時に、その現場で働く作業員の方々の問題を無視できないと考え、昨年10月には小川篤さんとフォトジャーナリスト小原一真さんのトークイベントを開催しました。

約1年経った今もう一度この問題を皆さんと一緒に考えたいと思い、また小川さんをお招きしました。今回は福島へも何度も取材に入られている新聞うずみ火編集長である矢野宏さんと対談いただきます。
小川さんは福島県富岡町で被災され、現在は郡山市で避難生活を送られています。避難生活を送られている福島の皆さんの現状や思いを、お聞きしたいと思います。

小川篤さんプロフィール
1968年2月16日生 45歳 東京都生まれ
幼少期に父親の仕事の転勤で、福島県双葉郡富岡町に居住。18〜21歳まで福島第一原子力発電所に従事。その後は、営業職に転身し震災当時もコンサルティング業を経営。
震災後は、各所に点在した避難場所をまわりボランティア活動を行う傍ら、福島県沿岸のがれき撤去作業等を経て福島第一原子力発電所に収束作業に携わってきました

矢野宏さんプロフィール
「新聞うずみ火」代表
ラジオ大阪の「おおきに!サタデー」(土曜日)、「ハッピーで行こう!」(火曜
日)にコメンテーターとして出演する一方、関西大学非常勤講師として「マスコミ文
章実習」の講義を担当。主な著書として『大阪大空襲訴訟を知っていますか』、『空
襲被害はなぜ国の責任か』(せせらぎ出版)など。

日時:2013年11月23日(日) 14:00開演(開場13:30)
会場:ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター) 大会議室3
   〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター
   http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
・京阪「天満橋」駅下車。東口方面改札を出て1番出口より東へ約350m。
・地下鉄谷町線「天満橋」駅下車。1番出口より東へ約350m。
・JR東西線「大阪城北詰」駅下車。2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。

参加協力費:1,000円
定員:72名(予約は不要ですが、事前にご連絡くだされば嬉しいです)
主催:DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ
協賛:市民社会フォーラム、新聞うずみ火
お問合せ・ご連絡先
   携帯 090-8539-7021
   E-MAIL v-kansai@daysjapan.net


posted by デイズジャパン at 15:51| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。