2013年11月13日

DAYS JAPAN 2008年6月号「処分されるペットたち」

DAYS JAPAN 2008年6月号の記事「処分されるペットたち」が、
いまtwitterほかのネット上で大変な話題になっているようです。

2008-06.jpg

『捨てられたペットの処分場となっている、行政機関の動物愛護センター。年間およそ30万頭余の動物が、この施設で殺処分の運命を辿っている。ペットと呼ばれる動物の数が、いよいよ人間の子どもの数を超えた今、過熱する日本のペット文化の在り方をもう一度、問い直す必要があるのではないだろうか』
DAYS JAPAN 2008年6月号リード文より。

この号に掲載されているペットたちの姿に、
心が揺さぶられない方はまずいないでしょう。
撮影した方も、きっと非常に辛かったと思います。
「ペットが可哀想」という言葉をこえて、
真剣にこの現実と向き合う必要を思い知らされる一冊です。

『めまぐるしく変わりゆく時代の中で、
命までも使い捨てるこの日本社会の在り方が、
少しずつでも良く変わっていくことを心から信じている』

DAYS JAPAN 2008年6月号本文より

記事の締めくくりの言葉は、
ふかい悲しみをたたえ、
まるで祈りのように、いまも胸に響きます。

購入をご希望の方は
info@daysjapan.net までご連絡下さい。
または、フジサンマガジンサービスより。
http://www.daysjapan.net/koudoku/bn/bn200806.html

営業部
佐藤典子
posted by デイズジャパン at 16:07| Comment(0) | 編集長便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。