2013年09月16日

福島菊次郎さん講演会と写真展がNHKで紹介されました。

14日に東京の府中グリーンプラザで開催された『福島菊次郎 遺言ー最終章ー』が、
昨日NHKで紹介されました。

20130820103820_00001.jpg

92歳 報道写真家が語る“遺言”
http://goo.gl/KQ9LgU


14日は朝9:40から映画「ニッポンの嘘」を上映。
その間、主催団体のボランティアの皆さんが別会場で福島さんの写真パネルの展示作業をしていたのですが、この間に福島菊次郎さん本人が来場し、一人一人のボランティアさんに深々とお礼をしていた姿には驚かされました。

IMG_5528.jpg
IMG_5536.JPG

映画終了後、観客の皆さんが写真展会場にいらっしゃると、福島さんは今度は写真集「証言と遺言」の他、会場で販売されていた書籍類をお買い上げの方、一人一人とじっくりと話をしながら丁寧にサインしていました。

IMG_5572.JPG

一方、映画「ニッポンの嘘」の長谷川監督もDVDやパンフレットにサイン。
福島さんが魂で写し取った写真が展示された会場は途切れない来場者で、大盛況でした。

IMG_5583.jpg
IMG_5585.jpg

また、夜19時からは長谷川監督が聞き手を務めての菊次郎さんの講演会。
ご自身の戦争体験を中心にエネルギッシュに語っておられました。

「今の状況が戦前とそっくりな気がしてしょうがない、憲法を守っていってほしい」
約一世紀に及ぶ92年の人生から凝縮された菊次郎さんのメッセージは、
ずっしりとした重みを持って、参加者の心を熱く揺さぶっていました。

府中での福島菊次郎写真展はこの14日のみの開催でしたが、
横浜の日本新聞博物館では10月20日まで開催中。
http://daysjapanblog.seesaa.net/article/373041263.html
ミュージアムショップの『サロン・ドゥ・ミュゼ』では
写真集「証言と遺言」も販売されています。

証言と遺言ポスター.jpg

92歳の報道写真家 福島菊次郎展
ヒロシマからフクシマへ−。戦後、激動の現場


会 期:2013年8月24日(土)〜10月20日(日)
会 場:日本新聞博物館 2階・企画展示室
主 催:共同通信社 日本新聞博物館
後 援:神奈川県教育委員会 横浜市教育委員会
*日本新聞博物館の開館時間は10:00〜17:00まで。
(月曜日休館、月曜が祝日・振替休日の場合は次の平日休館)

お問い合わせ先 [10:00〜17:00]
日本新聞博物館 電話:045-661-2040
〒231-8311
神奈川県横浜市中区日本大通11 
横浜情報文化センター
http://newspark.jp/newspark/access/index.html

ぜひ、お出かけ下さい。

写真集「証言と遺言」は
フジサンマガジンサービス
http://p.tl/lwCX
またAmazon.co.jp からもご購入頂けます。
http://p.tl/GZUY
どうぞ宜しくお願い致します。

営業部
佐藤典子


posted by デイズジャパン at 14:06| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。