2013年08月05日

「次世代DAYS」コンテストと編集長募集についての講座・相談会(8月29日7時)のお知らせ

「次世代DAYS」コンテストと編集長募集についての
講座・相談会(8月29日7時)のお知らせ


 私たちは、これまでに新しい「DAYS JAPAN」をまるごと1冊「次世代DAYS」としてサンプル本を作っていただき、それを読者中心に審査させていただき、最優秀者をDAYSの編集長にお迎えするという企画を発表
しました。
 締め切りの11月1日まであと2か月半となりました。今回は以前にお知らせしました相談会のご案内をします。
 8月号では次のようなお知らせをしました。
「DAYSがなくなってしまうことがないように、私たちも最大の努力をします。編集長はイメージを作ります。それを実現するために編集部があります。しかし編集長自身、イメージを形にできる力を持つことが必要です。応募する人がアイデアをもっていても、表現する方法が分からないということがあるかもしれません。そのためにお手伝いする、DAYS編集・営業の講座も催したいと思います。そこでは写真の集め方、構成の仕方、DAYSのコスト計算、取次や書店対応、写真の値段、DAYS国際フォトジャーナリスト大賞他、イベントの運営についてもお話しします」
 サンプル本を作るにあたって、DAYSの編集の仕方や入稿の仕方、印刷の行程、販売の仕方、その経費などをあらかじめ知っておきたいという人は多いと思います。実際に本誌を作る場合に、これまでのやり方を踏
襲したらどれくらいの予算がかかるものなのか、原稿料はどれくらい払っているのか、現在のDAYSはどれくらいの人員でやっているのか、どこをどのくらいつめたら利益はどれくらい出るものなのかについても、参考のために知りたいと思っておられる方は多いと思います。このワークショップには編集長の私と、必要に応じて編集者、営業、イベント担当者も出席して、それらのご質問にお答えしたいと思っています。
 新編集長の応募者の「頭の中」は、お手伝いできません。普段からの社会に対する関心は、編集長になろうとしてから勉強しても何とかなるものではありません。何を守らなければならないのか、何を大切に伝えなければならないのかという感覚は、勉強してできるものではありません。私たちは新しい編集長を募集するにあたり、この感覚や姿勢や志を最も大切に考えています。
 一方、編集技術や、営業の仕組みの理解は、難しいものではないと考えています。志や感覚が素晴らしい人が、自分の思いをページに反映するための、技術や例についてお話しすることで、皆さんがコンテストに提出する「次世代DAYS」サンプル本の制作に役立てば嬉しいと思っています。
 この企画に興味を持たれ、応募を検討したいと考えておられる方はどなたでもご参加のためのご予約をしてください。
 なお、これまでに発表しました募集の詳細については、DAYS JAPAN7月号、8月号に掲載しておりますのでご覧ください。
DAYS JAPAN編集長
広河隆一


---------------------------------------
「次世代DAYS」応募のための相談会

日時:8月29日(木)19:00〜21:00
場所:DAYS JAPAN(京王線・井の頭線明大前駅2分)
参加費:無料
 参加ご希望の方は、あらかじめ8月号の募集案内を十分お読みください。
以下のページからもご覧いただけます。
http://goo.gl/QhMmwd
お申込み:お名前、ご住所、ご連絡先、ご職業、相談会参加の動機を、kikaku@daysjapan.net にお送りください。
---------------------------------------


posted by デイズジャパン at 14:27| Comment(0) | DAYS JAPAN 編集長募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。