2013年07月08日

DAYS JAPAN 7月号TOPICS【甲状腺がん、18歳以下「確定」12人、疑い15人】

2013年6月5日付けの新聞に「福島県民健康管理調査による17万4千人の検診によって、甲状腺がん12人、疑い15人」という内容の記事が掲載されました。今月号のTOPICSでは編集長 広河隆一が、東京新聞、毎日新聞、読売新聞、朝日新聞などがこの記事をどのように掲載したかについてを書いてています。

7月号広河トピックス.jpg

『チェルノブイリ事故後にがんが見つかったのが事故4~5年後、というのは、あくまで県立医大やIAEA(国際原子力機関)やそれと協定を結ぶWHO(世界保健機関)の見解だ。これはウクライナやベラルーシ政府発表や現地の医師たちや良心的な研究者たちの見解とはまったく異なる。しかし新聞の記事には反論の紹介がないために、県の見解だけを伝える結果になっていて残念だ』
DAYS JAPAN 7月号TOPICS【甲状腺がん、18歳以下「確定」12人、疑い15人】より


100万人に一人といわれる子どもの甲状腺がんが、
17万4千人に27人(がん確定と疑い)という数字をどう見るのか?
福島原発事故報道での反省は?
「今一度メディアに問う」広河のTOPICSをぜひ、お読み下さい。

DAYS JAPAN 7月号は紀伊國屋書店、ジュンク堂書店などの
全国大手書店などでご購入頂けます。
また、お近くの書店店頭でのご注文も1冊から承ります。

どうぞ宜しくお願い致します。

営業部
佐藤典子



posted by デイズジャパン at 12:24| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。