2013年06月14日

世界報道写真展が開催されています

世界報道写真展2013が先週6月8日から、東京都写真美術館で開催されています。
今回のポスターに採用されているのは、ダニエル・ベルフラクが東日本大震災で根こそぎにされ打ち上げられた松の木を撮影した「津波の爪痕」(一般ニュースの部 組み写真3位)

世界報道写真展2013.jpg

ダニエル・ベルフラクは「パキスタン 洪水の爪痕」で第7回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞審査員特別賞を受賞しています。スケール感のある表現が、彼の大きな特徴の一つです。

パキスタン洪水の爪痕.jpg

また、関連イベントとして、7/13〜15まで開催される写美フォトドキュメンタリー・ワークショップの講師を務めるQ.サカマキ氏第1回と第3回のDAYS国際フォトジャーナリズム大賞での受賞歴があります。(2005年5月号と2007年6月号にそれぞれ掲載)

2005-05.jpg2007-06表紙.jpg

館内にあるミュージアムショップ「ナディッフ・バイテンでは、
DAYS JAPAN のバックナンバーも販売されています。
ぜひ、お立ち寄り下さい。

また、明日から開催される三軒茶屋キャロットタワーでの
【DAYS JAPAN 写真展2013 地球の上に生きる 世界の未来をつくるために】もご覧下されば、迫力の写真群を通して、この1〜2年に起きた世界の「いま」がさらに身近に感じられるはずです。
http://www.setagaya-ldc.net/program/203/?referer_top=on
併せて、ぜひご覧ください!

「世界報道写真展2013」
会期:2013年6月8日(土)〜8月4日(日)
会場:東京都写真美術館
   東京都目黒区三田1-13-3
   恵比寿ガーデンプレイス内
電話: 03(3280)0099
開館時間:10:00〜18:00
    (木,金は20時 入館は閉館30分前)
休館日:毎週月曜(7月15日開館、翌16日休館)

料金:
一般700円/学生600円/中高生・65歳以上400円
※20名以上団体料金・友の会割引などあり
※第3水曜日は65歳以上無料
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料

交通機関:JR恵比寿駅東口徒歩7分/東京メトロ日比谷線恵比寿駅徒歩10分

主催:世界報道写真財団、朝日新聞社
共催:東京都写真美術館
http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-1862.html

営業部
佐藤典子


posted by デイズジャパン at 17:58| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。