2013年05月06日

「帰還の坑道」について、三重写真展事務局からのご紹介

広河隆一≪非核・平和≫写真展事務局が機関誌で「帰還の坑道」の紹介をして下さいました。

以下、写真展事務局機関誌よりの抜粋です。
【写真ではありませんが・・・広河さんによる唯一の小説「破断層」が加筆訂正の上再出版されました】

IMG_4933.JPG


『1987年に講談社により刊行された『破断層』は、パレスチナに心寄せる人たちに歓迎され、大きな評価を得ました。主人公は広河さん自身?などと憶測される中、「小説というスタイルでしか表せなかったこともある」と言われたこと、また、当時仕事場にしておられた江の浦の借家の一室に、岩石がごろごろあるのを、チェルノブイリ関係で広河さんと知り合った私は怪訝に思ったことなど思い出します。

地質学、トンネル工法などをみずから学びながら、パレスチナの痛みを日本人に知らせようとされた渾身の一作だと思います。当時広河さんは、「チェルノブイリにかかわっている人はパレスチナにも、パレスチナにかかわっている人はチェルノブイリにも、関心をもってほしい、とおりおりに言っておられました。

その『破断層』が、「今、この時代に果たす役割がある」とのお気持ちから、(株)デイズジャパンから、リニューアル出版されました。一般の書店では入手していただきにくいかもしれません。その場合、当写真展事務局からもお送りできます』


写真展事務局では、2008年に作成したパレスチナのポストカードの再販もされたそうです。
お申込みは以下まで。

特定非営利活動法人 広河隆一 非核・平和写真展開催を支援する会
<非核・平和>写真展事務局
514-0027 津市大門7−15津センターパレス4F  
TEL・FAX 059-229-3078
Email syashinten@za.ztv.ne.jp
URL http://www.za.ztv.ne.jp/syashinten/
郵便振替口座 00880-7-185006 広河隆一写真展開催を支援する会


また、本日5月6日までのお申込みには広河直筆サインが入ります。
割引特価1500円(送料込)でサイン入りをご希望の方は、直接DAYS JAPAN までお申込み下さい。

FAX:03-3322-0353
mail:info@daysjapan.net

どうぞ宜しくお願い致します。

営業部
佐藤典子


posted by デイズジャパン at 18:27| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。