2013年03月26日

東京都写真美術館【マリオ・ジャコメッリ写真展】が開催中です

DAYS JAPAN 2月号の表紙を飾ったマリオ・ジャコメッリの写真「スカンノ」

表紙_1302.jpg

2008年以来、2回目となる彼の大規模な写真展が、先週土曜日23日より、東京都写真美術館B1Fで開催されています。会場の入り口から「ホスピス」のシリーズが並び、彼が子どもの頃から向き合ってきた生の中にある死、死を望む生の現実をまざまざと突き付けられました。他に聖地として名高いルルドで神の恩恵を求めてひしめき合う、病に侵された無数の人々をとらえた写真など。「健全な社会」から存在そのものを消し去られた人々が、白と黒の画面の中に突如として現れるのは、まるで時の狭間に引きずり込まれるような不思議な感覚でした。2月号に掲載された「スカンノ」「神学生たち」のシリーズも、迫力の見ごたえです。

1Fのミュージアムショップ『ナディッフ・バイテン』では、ジャコメッリの図録や写真集とともに、DAYS JAPAN 2月号も並べられています。

IMG_4693.JPG

また、29日(金)までの「わすれない ふくしま」の上映に合せて、DAYS JAPAN 増刊号「検証 原発事故報道」や3月号「特集IAEA」などのバックナンバー『ナディッフ・バイテン』の入り口すぐに置かれています。店内正面の写真集のコーナーでは、もちろん福島菊次郎「証言と遺言」もございます。

IMG_4699.JPG

マリオ・ジャコメッリの、版画と見まごうような詩的かつ強烈なモノクロの世界を、ぜひ東京都写真美術館で体験して下さい。

営業部
佐藤典子


posted by デイズジャパン at 14:02| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。