2013年02月05日

編集部が語るDAYS JAPAN 2月号のよみどころ【子どもを守る方法】

―チェルノブイリから福島へ―

2月号で特集した「子どもを守る方法」は、チェルノブイリ原発事故後、
ベラルーシで子どもの保養を18年間実践してきた施設「希望」の所長、
マクシンスキー所長の講演内容が収録されています。

P24-25_tokushuu02_seki_03.jpg

日本では、まだまだ「保養」という言葉すら浸透していませんが、
ベラルーシの国を挙げての取り組みは、「医療・教育・心理」の3本立て、
効果も科学的に実証されています。
所長の「日本で子どもたちのために、私たちの経験を活用しないといけないと思います」
という言葉を聞き、日本政府の対応の遅さに、もどかしい思いを感じました。

講演は、福島でも行われました。
IAEA(国際原子力機関)が福島で調査を行うことを懸念した
参加者の方からの質問にも、所長は、興味深い返答をされています。
詳しくは、本誌で!

(編集部 石田)




posted by デイズジャパン at 18:16| Comment(0) | 編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。