2012年11月30日

ベラルーシ、ベラルド研究所所長【DAYS JAPAN 12月号】

チェルノブイリ事故後、国から独立した民間の放射能研究機関として立ち上がったベラルーシ、ベラルド研究所のアレクセイ・ネステレンコ所長が来日し、10月18日に福島県内を視察しました。この視察に同行したDAYS JAPAN 連載「実際どうなの!?」のおしどりマコ・ケンさんが12月号Topicsに書いています。

ベラルド.jpg

「最大でも1μSV/h程度だと思っていた」
「なぜ、子どもたちのために裁判を起こさないのか?」
「ベラルーシのように、日本にも報道の自由は無いのか」


自らの予想とはかけ離れた日本の状況に驚くネステレンコ所長の視察中の様子が、おしどりマコさんの文からありありと浮かび上がってきます。

「日本はベラルーシより豊かな国なのに、汚染地域の子どものために何をしているのだ?」

この言葉を政府への批判として受け取るのは簡単です。しかし、ただ政府に期待しても何も変わらない。変えるためにまず私たち自身が真実を知り、必要な行動を取ることで必然的に政府も動かざるを得なくなっていく、ということを今回の原発事故で痛感している人も多いと思います。

「特別にきれいな食品を提供するべき。基準値を大幅に下回る食品を優先的に提供する。そして、ベラルーシでは汚染地域に居住している人々は夏休みが長い。国の負担で、1年に1回は保養にいくのだ。子どもの場合は1年に2回が望ましい」

チェルノブイリでの経験から子どもの保養の重要性をよく知っている広河は、代表を務めるNPO法人「沖縄・球美の里」の設立でいち早く必要な行動を起こしました。しかし、まだ日本において保養の重要性は殆ど知られていないのが実情です。
来月12月15日から各地で開催されるチェルノブイリ被災児童のための保養施設「希望21」の所長マクシンスキー氏の講演会は、まだ私たちの知らない現地の状況を知ることのできる、またとない機会です。ぜひ、ご参加下さい。詳細は以下のHPから。http://www.daysjapan.net/

どうぞよろしくお願い致します。

営業部
佐藤典子






posted by デイズジャパン at 12:24| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。