2012年11月28日

福島の方に定期購読の特典がございます。

11月26日の福島民報一面に掲載されたDAYS JAPAN の広告をご覧になりましたでしょうか?DAYS JAPAN では福島民報の新聞広告をご覧になって、定期購読を申し込まれた福島の方に10月号他をサービスする特典を設けました。このサービスは現在避難中で福島を離れておられる方にも適用されます。

2011年3月以降、DAYS JAPAN では福島に関する記事を数多く取り上げてきました。その中でも特に、福島の方々に今すぐ知って頂きたいのが今年の10月号から12月号の記事です。

F表紙_1210.jpgP18-35_tokushuu_seki_02-1.jpg
DAYS JAPAN 10月号「告発された医師 山下俊一教授 その発言記録」
10月号では福島県放射線健康リスク管理アドバイザーである山下俊一教授の、事故直後からの講演会や新聞に掲載された発言を14Pにわたって集め、その問題点を編集長 広河隆一が指摘しています。

1211_F_表紙.jpg

DAYS JAPAN 11月号「私たちは子どもを守る」

11月号で特集されているのは、福島原発事故で被災した子どもたちのための保養施設「沖縄・球美の里」によせて小出裕章氏、石井竜也氏、落合恵子氏、田中優氏など17名の著名人がそれぞれの視野からみた保養の重要性や、子どもたちを守る決意を語って下さっています。

この「沖縄・球美の里」は、広河がチェルノブイリ「希望21」での経験から、福島の子どもたちに今すぐ必要なのは、きれいな環境で安心して過ごせる保養所であると呼びかけ、石井竜也氏らの協力のもと今年7月にオープンした日本初の専用施設です。子どもたちの参加費はすべて無料です。詳細はNPO法人「沖縄・球美の里」のHPをご覧ください。http://kuminosato.net/

また、12月にいわき市でも開催される「希望21」の所長マクシンスキー来日特別講演の詳細はこちらのリンクからご覧ください。http://goo.gl/LrJjF

F_表紙_1212.jpg
DAYS JAPAN 12月号「信頼できる甲状腺医はどこにいる?」
どの甲状腺医で検査を受ければよいのか?少ない情報をたよりに医師を探さざるをえない福島出身の子どもや保護者の方の不安を少しでも解消するために、全国467人の甲状腺専門医にアンケートを実施。返答のあった58人のコメント、病院名、所在地などを一覧にしています。ぜひ参考にして頂きたい資料です。

同様の新聞広告は12月1日の福島民友にも掲載されます。
この情報をぜひ、お知り合いの方にもお知らせください。
また、福島限定特典に関する詳細はDAYS JAPAN 佐藤まで直接お問い合わせください。
book@daysjapan.net

どうぞ宜しくお願い致します。

営業部
佐藤典子


posted by デイズジャパン at 11:11| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。