2012年01月30日

DAYS JAPAN 2月号-ジム・ブランデンバーグの狼

広河隆一14年ぶりの写真集【新・人間の戦場】
特別先行予約の締め切りは、いよいよ2月1日まで。ご予約がまだの方は、どうぞお急ぎ下さい!!あなたの名前が本に掲載され、しかも大変お得な価格で入手できます。

新・人間の戦場カバーcover のコピー.jpg

DAYS JAPAN 2月号の最初の特集ページは「極北のオオカミ」
ページを開いて、その美しさに驚かれた方も多いと思います。極寒の世界特有の醒めた蒼色の世界。静寂の中で一匹の野生のオオカミが氷を蹴る、その瞬間の音が聞こえてきそうな一枚。

極北のオオカミ.jpg

撮影したのは、ネイチャーフォトの巨匠、ジム・ブランデンバーグ。『ナショナル・ジオグラフィック』をはじめとする数々のメディアで活躍する自然写真家。その彼の写真展が、毎年DAYS国際フォトジャーナリズム大賞写真展【地球の上に生きる】の会場となっている、コニカミノルタプラザで開催中です。

ジム・ブランデンバーグ写真展
「A TRIBUTE TO NATURE」
開催期間は2012年1月20日(金)〜2月19日(日)まで
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2012january/jim/

新宿コニカミノルタプラザは、今年リニューアルしたばかり。今までより、ぐっと広く開放的なギャラリーとして生まれ変わりました。同時開催は「宇宙から見たオーロラ展2012」
DAYS JAPAN2011年3月号「営みの地球」での美しいオーロラの写真は、昨年、コニカミノルタプラザで展示された内野志織さんが撮影した極北の世界でしたが、今年の「宇宙から見たオーロラ展2012」では、文字通り宇宙飛行士野口聡一さんらが撮影しています。ブランデンバーグの捉えた息をのむような自然の姿と共に、わたしたちが如何に美しい星の上に生きているのかを実感できる写真展になっています。

DAYS JAPAN 2月号の「極北のオオカミ」に感動された方に、ぜひ、おすすめです!

営業・企画部
佐藤典子


posted by デイズジャパン at 18:51| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。