2011年11月19日

DAYS JAPAN 12月号、本日発売です!

お待たせ致しました! 
DAYS JAPAN 12月号が本日発売されます。

前回、皆さまから大好評を頂きました「母と子」の表紙に続いて、12月号は「父と子」。
この表紙、実は創刊準備号に使われたDAYS JAPANの幻の表紙なのです。

20111116225346_00001.jpg

そして、この写真を編集長広河が撮影したのは10年前の開戦間もないアフガニスタン。
それから10年後のいま、アフガニスタンはどうなっているのか?
知られているようで、実は殆ど報道されてない現地での米軍の実態を、再びDAYS編集長広河が訪れて撮影してきた写真と報告が12月号の特集「米軍爆弾処理部隊」です。

断言します。他誌では、決して見られません。
開戦から10年の現在を、真実のアフガンを知りたい方、必見です。
また、表紙の写真とP20-21の写真を見比べて下さい。時間は進んでいるのか、それとも未だに止まったままなのか・・・・。

しかし編集長は止まりません!
この文字通り過酷で生命の危険と紙一重だったアフガン取材から戻ってすぐ、
広河は休むまもなく福島へ。
そこで撮影したのが
P6-7の福島原発3号機と4号機の見開き写真。
ここに写っている3号機の姿。恐い・・・・。
でも、皆さん必ず見て下さい!これが真実です。
私の知る限り、この角度から3号機が撮影されたのは初めてです。
この撮影はシグマの超望遠レンズをお借りして実現しました。精緻な写真だからこそ見えてくる真実をお見逃しなく。

また今年、誰の心にも忘れられない傷跡を残した3.11東日本大震災。
全国紙の記者をはじめ、気鋭のフォトジャーナリスト達が祈るように押したシャッターが捉えた一枚の写真。
今年の夏、フランスで開催された世界最大のフォトジャーナリズム祭VISAで、各国のメディアから最大の注目を浴びた写真展
「DAYS JAPANが選んだ3.11」
11月30日から新宿コニカミノルタプラザで開催される国内初の写真展に先駆けて、
DAYS JAPAN 12月号でご覧頂けます。

omote.jpg

http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2011december/daysjapan/

今年一年を象徴するDAYS JAPAN12月号。ぜひ書店にてお早目にご購入下さい。

営業部 佐藤典子


posted by デイズジャパン at 17:33| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。