2011年11月16日

11月20日明大リバティ―ホール【広河講演会のお知らせ】

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます!
営業・企画部 佐藤典子です。

今月11月号のDAYS JAPAN で大きな存在感を示しているのが
「チェルノブイリ子ども基金」
20111025171054_00001.jpg

この基金はチェルノブイリを取材した広河隆一が「この窮状をなんとかしなければならない」と20年前に設立し、その後はDAYS JAPAN編集長としての活動を続ける傍ら、顧問として現在に至っております。
現在までに「チェルノブイリ子ども基金」として集めた募金は実に8億円以上で、その殆どが現地への支援の為に使われてきました。(DAYS JAPAN11月号をご覧ください)

この「チェルノブイリ子ども基金」の設立20周年を記念して、11月20日(日)に明治大学駿河台キャンパスリバティータワーにて【チェルノブイリと福島】と題した講演会が開かれます。
チェルノブイリの今、そして福島のこれからを知るためにも、ぜひご参加下さい。
お待ち致しております!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チェルノブイリ子ども基金設立20年
講演「チェルノブイリと福島」

2011年11月20日(日)14:00〜17:00(13:30開場)

明治大学駿河台キャンパスリバティタワー 地下1階 1001教室

JR・東京メトロ 御茶ノ水駅より徒歩5分
地図URL:
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

チェルノブイリ事故から25年の今年、当基金は設立20年を迎えた。
3・11福島原発震災が起こり、放射能と共に生きていかなくてはならなくなったいま
チェルノブイリと福島を語る。

◆チェルノブイリと福島の人々/広河 隆一
(当基金設立者・顧問、フォトジャーナリスト、『DAYS JAPAN』編集長) 

◆放射能から子どもを守る/黒部 信一
(当基金顧問、小児科医、「未来の福島こども基金」代表)

◆転地療養と家族訪問の報告
 “チェルノブイリ汚染地域に暮らす子どもたち”/佐々木真理(当基金事務局長) 

参加費用:資料代 500円
事前申込み不要
定員270人先着順

【主催】チェルノブイリ子ども基金/現代史研究会
【問合先】チェルノブイリ子ども基金 事務局
 TEL/FAX: 03-5228-2680
 Email:cherno1986@tokyo.email.ne.jp

チラシはこちらからご覧ください。
         ↓
チェルノブイリ子ども基金 最新情報
http://homepage2.nifty.com/chernobyl_children/index.html

神楽坂事務局だより
http://blog.goo.ne.jp/cherno1986jimukyoku/e/f8b92fff55ff608673d2f6ac0a82d039


posted by デイズジャパン at 12:33| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。