2011年07月25日

東京外国語大学の講演で放射能測定器支援募金を頂きました。

先日、7月16日に東京外国語大学
「核と未来」と題し、講演会が開かれました。

核と未来 0.jpg

東京外国語大学はサッカーで有名な味の素スタジアムのある、
京王線「飛田給」駅からバスで10分程の所にあります。

当日は大変な暑さでしたが、226教室には大学の生徒さんをはじめ、
一般の方も数多くご参加下さいました。

主催の東京外国語大学 西谷修先生は講演の導入部で
DAYS JAPAN 1月号「浜岡原発〜爆発は防げるか〜」
今回の福島第一原発の事故と
ほぼ同じシナリオが予測されていたことをご紹介下さいました。

続く広河の講演では、
チェルノブイリに取材にあたって、
目に見えず、匂いも味もない放射能を写真に収めるという難題をクリアする為に、
5年前の原発事故を取材する、つまりセラフィールドやスリーマイルの取材をするということで、
5年後のチェルノブイリを予測することができると気づいた話などから始まりました。

つまり、25年前に起きたチェルノブイリの現在の姿から、
25年後の福島を予測することができる、ということも。

この講演の後に集まった「DAYS放射能測定器支援募金」は、
150,785円
会場に集まって下さった150名程の方々の、熱い支援です。
ほんとうに有難うございました。

この募金は東京外国語大学の西谷修先生と中山智香子先生が
DAYS事務所まで直接届けて下さいました。

「これまで未来は無制限で自由に考えられた。
 しかし、今は既に色の付いた未来、
 チェルノブイリで知っている未来になってしまった」

講演会当日の西谷先生の言葉が印象的でした。


ご支援は以下の郵便振替口座までお願い致します。 

口座記号番号  00130-4-417863
加入者名    DAYS放射能測定器支援募金


銀行からのお振込に関しましては、以下の情報の通りお振込ください。

■銀行名 ゆうちょ銀行
■金融機関コード 9900
■店番 019
■預金種目 当座
■店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
■口座番号 0417863

皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。


posted by デイズジャパン at 19:56| Comment(0) | DAYS 放射能測定器支援募金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。