2011年06月02日

47プロジェクトとクリラッド合同記者会見 -47都道府県に市民観測所を!- 

今人々にどうしても必要なのは、市民が独自で放射線の測定を行える環境です。

測定器47プロジェクトは、五感で感じられない放射能を市民の手で計測し、
人々が自らが置かれた状況を理解し放射線防護に努めることができるように、
大気中、そして食品の放射線量計測を行うことを目的として設立されました。

DAYS JAPANも測定器購入などに充てるための資金集めという役割で
協力し、このプロジェクトをすすめていきます。

支援募金についてはこちらから↓
【DAYS放射能測定器支援募金】開設のお知らせ
http://daysjapanblog.seesaa.net/article/206125831.html



6月1日(水)、日本記者クラブにて、
47プロジェクトとクリラッド(1986年チェルノブイリ事故のあと設立されたフランスのNGO)による
記者会見が行われました。

クリラッドは放射能測定のための独自の研究所を設立し、国や産業界・政治界からの独立を保ち、
人々にひろく放射能に関する情報と放射線防護に関する知識を知らせ続けています。
47プロジェクトはクリラッドの全面的協力と指南を仰ぎ、
全国の市民放射能計測システムの構築をすすめています。

記者会見には100名以上の取材陣が訪れ、このプロジェクトへの人々の関心の高さがうかがわれました。

IMG_9988.JPG
会場いっぱいの報道陣

IMG_0004.JPG
NGOクリラッド ブルーノ・シャレイロ氏

IMG_0034.JPG
取材陣の質問に答える47プロジェクト 岩田氏

IMG_0012.JPG
会見終了後も多くのカメラとマイクが向けられ取材陣からの質問はなかなか止みませんでした。

会見では、
クリラッドから47プロジェクトへの放射能測定器の貸与・譲渡、
専門家でない人の測定のためのレクチャービデオの提供、
4月末から47プロジェクトで開始されたの福島県内での測定調査、
などについて。
また、クリラッドから現在の日本の状況への警鐘が語られました。


会見の様子はこちらから動画で見ていただけます↓
47プロジェクトホームページ
http://www.pj47.net/cat/report.html

posted by デイズジャパン at 17:45| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。