2011年05月19日

明日、6月号発売!そして広河の新刊が5/22(土)に発売されます。

いつもブログをご覧下さり、
ほんとうにありがとうございます!

いよいよ明日20日、6月号「日本の原発」が発売されます。

201106表紙.jpg

6月号の副題は「浜岡から脱原発へ」。
そう、今月号で特に力を入れたのが、
特集記事の見開きで掲載されている日本地図。この地図を見れば、
「何故、私たちは脱原発に向かわなければならないのか?」
そのことが一目瞭然です!

他にも日本の全原発のカラ―写真、
各原発の過去の事故例と人びとの声。
そして「原発は人々の力で止まる」の記事。

いままで、大手メディアではあまりにも小さくしか取り上げられて来なかった、
「声」や「事実」が、今回の福島の事態を招いた大きな一因であると、
思い知らされる内容となっています。

また、前回の5月号では掲載されていない、
第7回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞の
パブリック・プライズ受賞作
にも注目です!
多くの読者の方の指示を受けた力作を、ぜひご覧ください。

そしてもう一つ。
DAYS編集長 広河隆一の新刊
「暴走する原発 チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと」

今月、5月22日(土)に小学館から発売されます。

広河暴走表紙.jpg

価格は1,365円。
こちらの巻末には広瀬隆氏の特別寄稿文も掲載されています。
DAYS JAPAN6月号と合わせて、ぜひご購読下さいね!!





posted by デイズジャパン at 17:58| Comment(1) | 編集長便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5月20日、御前崎市唯一の書店に行きました。中央の平台には「DAYSJAPAN」最新号が山積みされていました。
一人の男性が長い時間立ち読みを続け、他の来店者は遠巻きに無関心を装っていました。本を手にとっただけで、誰が見張っているかわからないからです。立ち読みをしている男性も当局の人間かも知れません。

かつては、浜岡原発の記事が掲載されると、周辺のコンビニに至る全ての店から中電が本を買占め、市民が記事を目にすることはありませんでした。
インターネット時代になって、情報の流入は止められなくなりました。しかし、この町を支配する大きな力は、まだ変わろうとはしていません。
Posted by 原発の隣人 at 2011年05月22日 09:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。