2011年05月14日

【原発・チェルノブイリ特集】ブックフェアのお知らせです!

福島原発1号機に関して、
また心配なニュースが入ってきました。
こんな時に一番必要なのは、なによりもまず「正確な情報」です。

本日は紀伊国屋書店 新宿本店で昨日から行われている、
DAYS JAPAN「原発・チェルノブイリ特集」のブックフェアのお知らせです。

IMG_9766.JPG

毎年DAYS JAPANのブックフェアを開いて下さる、
紀伊国屋書店 新宿本店さんが、
今年も同じ新宿のコニカミノルタプラザで開催中の
「地球の上に生きる2011」
DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展
の開催期間に合わせて、
「原発・チェルノブイリ特集」のブックフェアを開いて下さいました。

IMG_9763.JPG

こちらに置いて下さっているのは、
2005年8月号「核の世界」・・・京都大学、小出裕章氏による劣化ウラン他の特集記事
2006年6月号「チェルノブイリ20年目の悲劇」・・・広河隆一/写真・文
2009年8月号「核の痕跡 チェルノブイリ、セミパラチンスク」
      ・・・同じく広河による23年後のチェルノブイリと
         カザフスタン核実験場跡地に住む人々、他
2009年11月号「祝島」・・・27年間も原発建設に反対し、闘ってきた祝島の島民たち。
2010年12月号「未知のアメリカ」・・・汚染されつづけるアメリカ先住民の土地
2011年1月号「浜岡原発 爆発は防げるか」・・・広瀬隆氏/文、注目の1冊
2011年4月号「未曽有の巨大地震と原発震災」・・・震災2日後に現地に入った広河から。
2011年5月号「暴走する原発」・・・広瀬隆氏、広河隆一が福島原発で何が起きたのかを明らかに。
                 第7回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞

読み応えのある「原発・チェルノブイリ特集号」ばかりを集めた、
中身の濃いブックフェアにして頂きました!

そして、こちらでは現在SOLD OUTの2011年1月号と入手困難な4月号も
まだ取りそろえております!!
新宿コニカミノルタプラザ「地球の上に生きる2011」のお帰りに、
紀伊国屋書店 新宿本店にも、
ぜひお立ち寄り下さいexclamation



posted by デイズジャパン at 00:10| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。