2011年04月20日

電子版DAYS 毎月20日更新

電子版DAYS「DAYS INTERNATIONAL」は
【毎月20日】が更新日です。
電子版DAYS
http://daysinternational.net/jp/

今回更新した電子版の特集では、本誌最新号では書ききれなかった、広河の特集記事「福島原発とチェルノブイリ」を全文掲載致中。
暴走する原発 福島原発とチェルノブイリ
(文・写真/広河隆一)
http://daysinternational.net/jp/category/feature/

また、本誌2009年12月号から連載を始め、大きな反響を頂いた
「孤高のジャーナリスト 福島菊次郎さん」の特集も掲載。
本誌ではなかった英語版も配信します(4/20 22:30現在、英語版を準備中)。
広島の被爆者 中村さんの記録
(文・写真/福島菊次郎)
http://daysinternational.net/jp/feature/kikujiro/

★原発情報ページを急遽追加
http://daysinternational.net/jp/category/genpatsu/
★広河隆一の取材報告ページ(ブログ)
http://daysinternationaljp.seesaa.net/category/10130220-1.html
★DAYS GLOBEも随時更新します。
http://days-globe.tangible-earth.com/
★ご登録サイト
http://daysinternational.net/jp/about_register/

是非、ご活用ください。

★★重要★★
DAYS JAPAN定期購読者の皆さまへ
http://daysjapanblog.seesaa.net/article/196608122.html

;">※DAYS JAPAN定期購読者の方は、【無料】でご覧頂けます。


お問い合わせ
digital_days@daysjapan.net


posted by デイズジャパン at 23:05| Comment(2) | 電子版DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目に見えることは人間の力で改善できるが、目に見えないことを解決しなければ、それ以上の惨劇を繰返さなければならなくなる。
心は、人間の努力だけでは改善できない。
私たちが、今、しなければいけないことは『救世主スバル元首様』に、救いを求めることだ。
  もう、時間がない!!
http://www.kyuseishu.com/tanuma-tu-koku.html
http://miracle1.iza.ne.jp/blog/entry/2237566/
http://blogs.yahoo.co.jp/i_believe_a_miracie/3146468.html
Posted by hikaru at 2011年04月24日 17:35
DAYS JAPAN5月号、興味深く拝見しております。第7回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞だけでも十分見所満載なのに、今回は「暴走する原発」の記事が入り、いつにもましてボリュームたっぷりです。広瀬・広河両氏の報告を読みながら、「想定外の大地震」「風評被害」「直ちに健康に影響ない」と言った言葉がいかに非論理的であるかを再認識しました。「Aという野菜から高い濃度の放射性物質が検出されたが、Bという野菜からはそういう値は検出されていないので大丈夫だ」と平気な顔で言うアナウンサー。そんなこと、少々知恵がまわりさえすれば子どもでも信じないでしょう。この一大事という時に、マスコミから流れる非論理的な事柄があまりにも多すぎる。日本が信じられなくなります。「東北の人は我慢強い」「日本人の道徳心の高さは素晴らしい」。確かに略奪などが起こらなかった点は素晴らしいと言えます。しかし、我慢強さを最高の美徳と讃え、真実を隠蔽する体質は、第二次世界大戦からこれだけの年数が経っているのに何も変わっていない。原発事故の今と戦時中が重なって見えるのは私だけでしょうか。本当に耐えなければいけないのは、内部被曝の恐ろしさに対してではなく、現実を直視し、事の深刻さを受け止め、これからの私たちの生活の在り方を模索することに対してではないでしょうか。
Posted by 三浦 at 2011年04月30日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。