2011年03月15日

福島原発周辺 放射線測定値 16:10現在【緊急】

風向きによってか、30km圏内から離れる最中、
非常に高い数値が計測されました。



16:10現在
福島県伊達市月舘町月舘
【福島県双葉郡 福島第一原子力発電所より50〜60km地点】
6mRg/h(ミリレントゲン)≒60マイクロシーベルト/h


16:30現在
福島県飯舘村
【福島県双葉郡 福島第一原子力発電所より約50km地点】
10mRg/h(ミリレントゲン)≒100マイクロシーベルト/h計測可能の検知器の
針が振り切れたため測定不能



現地の広河からは、
現地周辺にいた方々へは、測定値の結果やとどまることの危険性を伝え、避難を促したが、
現在の20km圏内避難指示、30km圏内屋内退避勧告では、非常に危険。
早急に、子ども・妊婦を優先し、避難すべきとの報告を受けました。

各団体へ協力を要請し、50km圏内に避難所がないか確認、
即刻避難指示範囲を拡大するよう求めます。



posted by デイズジャパン at 17:10| Comment(3) | 「原発震災」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
放射線測定とググったらヒットしました。現地での取材、貴重な情報ありがとうございます。どうかお気をつけて。
Posted by 高桐院 at 2011年03月15日 18:49
本当ですか?電離放射線障害予防規則では、わざわざ電離放射線を仕事で扱う人でも年間50mSv以下となっています。これは365日平均とすると5.8μSv/hrになります。100μSv/hrというと20日で年間の限度に到達します。あくまで積算値が重要ですが、、早く逃げたほうが、、、
Posted by モモイ at 2011年03月16日 22:30
原発の早期全廃、ウランの採掘の完全廃止を求めます。行き残った私たちが、あとどれくらい生きていられるかはわかりません。ですが、歴史上二度と今回のような災害を繰り返してはいけません。それには、元のウランの採掘を完全廃止しなければならないと思います。東北地方が風下の時に水蒸気を放出し、あげく水素爆発…政治家は首都の防衛ばかり…もはや東北地方の人々は切り捨てるつもりでしょうか…
私たちが、今闘わなかったら、大切な人を失った方々があまりにも不敏でなりません。
一人の力は小さい、でもたくさんの人が賛同してくれたら、これは大きなエネルギーになります。
平和な暮らしを取り戻すために、今こそ真実を語り合い、闘いましょう。
私は、大切な人を守るために、この闘いに生涯をささげます。
Posted by サラ=シルビア=ブラッドリー at 2011年03月19日 02:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。