2011年02月04日

パリからエジプトへの連帯よびかけ

【***転送歓迎***】

パリからエジプトへの連帯よびかけ
=============

パリからです。

 アタック・フランスを含むエジプト民衆の革命的闘いを支援する諸団体が5日土曜14:30分からパリで幅広い国際連帯デモを呼びかけています。その呼びかけ文を以下に試訳して貼付けます。

 現在のところ、軍が政権反対派に発砲したという情報はありません。軍隊は、午後から仲裁的に、割って入り、午後の後半から、ムバラク派を押し返しているようです。また反体制派が、反撃を始めているなどです。現況として心配なのは、外国記者が集中的に狙われ、政府支持派やポリスから捕まって暴行を受けたり、機材を取り上げられたり壊されたりしていることです。その他、人気のあるブロガーが捕まったりしています。エジプト政府厚生省は、13人死亡、1200人負傷としていますが、実際はもっと多いのであろうと推測されます。

 新たな映像です。
http://bit.ly/gmRFAX

<アピール文>
 エジプトで、2011年1月25日、独裁と貧困(住民の半分、すなわち4千万の人々が一日2ドル以下で生活している)に対する<怒りの日>以来、最近のエジプト現代史においては異例の民衆運動がカイロからスエズ、イスマイリアからマハラ・エル・クーブラの労働者の拠点まで全国的に発展している。この動きは、今では社会のあらゆる階層にみられる。検閲(インターネット、電話なども含む)、警察の恫喝、挑発、夜間外出禁止令、血なまぐさい弾圧(国連の発表では、300人以上の死者と千人以上の負傷者)にも関わらず、数百万の人々がムバラクとその政権の崩壊を要求しながらデモし、道路を占拠している。彼らは自由、尊厳、社会的正義を要求している。

 30年以来、エジプトは、権力と金銭を絡めた独裁のくびきの元に生きている。すなわち、強権的で癒着した無根拠な体制がその民衆を犠牲にして、自らの利益と、いくつかの戦略的同盟国のために国を統治してきた。ムバラクのみならずその家族、命令に従う大臣たちの宮廷、虫食いだらけのセールスマンたちは、彼らの真の敵、つまり、政府の愛想笑いの眼差しの下、あるいはIMFのようないくつかの国際機関積極的な共犯性の下での癒着、貧困、失業、弾圧(1981年に発布された非常事態宣言は今も生きている)、教育の不在と口枷された自由である。

 30年以上も前から、世代は繰り返し、同じ決まり文句と同じ言説と同じ政治を前にしている。つまり、エジプト民衆を犠牲にし、癒着した裕福階級に囲まれた専制的な<ファラオン>の利益のためなのである。

 今日、すべてが変わる! エジプトは、もう前と決して同じにはならない、なぜならその民衆は決意し、二度と隷属を受入れないために頭を上げ、変化の挑戦を起こしたからだ。チュニジアから来た民主主義と社会的正義を要求する自由の風は、いまではエジプトに届き、アラブ世界全体に広がっている。人々はもう怖くない。

 民衆蜂起は、民主的<移行>の曖昧な約束に満足していないだろう。他のアラブ民衆と同じようにエジプト人たちは、誰からも―とりわけムバラクとその政権と共犯関係にあるフランス、ヨーロッパ、アメリカの指導者たちから―この運動の続きについて、指示を受けるつもりはない。彼らは、<自由の希求への弾圧を止めろ!>と表明するために、また国際的次元において、移動性の自由と自 ら組織する自由から始まる、民主的、社会的、政治的な新たな征服をみんなで勝ち取るために広い国際連帯運動をよりどころにしているのだ。

 いままでになく、平和は、現在進行中の民主革命の成功を通してのみ勝ち取られる。現時点において、エジプト民衆は、追いつめられた政権の時間稼ぎの手法を失敗させたいのだ。彼らは、2011年2月2日に、タフリル広場を平和的に占拠している運動に、もう一度権力を掌握する目的で混乱状態を引き起こし民衆を分断するために、彼らの<バルタギヤ>―ムバラク支持派のデモ社を装った武装民兵とごろつき―を放った。この日の結果は重い。またも数人の死者と数百人の負傷者たちである。

エジプト人たちと国際社会は、以下のように言わねばならない:
 弾圧を止めろ!政権の疑似軍事的民兵組織を解散させろ!
 ムバラク、とっとと消え失せろ!
 エジプト革命、万歳!
 チュニジア民衆、万歳!
 エジプト民衆、万歳!
 闘うアラブの民衆、万歳!
 エジプトとアラブの革命に連帯を!


エジプト民衆の闘いに連帯する委員会署名した諸団体:
Comite de Solidarite avec la Lutte du Peuple Egyptien / Premiers signataires:
・ Citoyens Egyptiens de France 
・ Federation des Tunisiens チュニジア人連盟
・ Citoyens des deux Rives FTCR
・ Comite pour le Respect des Libertes et des Droits de l’ Homme en Tunisie
・ CRLDHT
・ Association des Travailleurs Maghrebins en France ATMF
・ CCIPPP (Campagne Civile Internationale pour la Protection du Peuple Palestinien) 

パレスチナ民衆保護のための国際民衆キャンペーン
・ Parti Communiste Francais PCF 仏共産党
・ Europe-Ecologie les Verts EELV ヨーロッパーエコロジー/緑の党
・ Nouveau Parti Anticapitaliste NPA 反資本主義新党
・ Parti de Gauche 左翼党
・ Confederation Nationale du Travail CNT 
・ ATTAC アタック・フランス
・ Mouvement contre le racisme et pour l’Amitie entre les peuples MRAP
・ Ligue des Droits de l’Homme LDH 人権連盟
・ CEDETIM 第三世界主義評議会
・ L’Etoile Nord Africaine Anticapitaliste
・ Parti Communiste des Ouvriers de Tunisie PCOT
・ Association des Tunisiens en France ATF Paris
・ Solidarite Tunisienne
・ Voix Libre Tunisienne
・ Parti Democratique Progressiste Tunisie PDP
・ Manifeste des Libertes
・ Le Mouvement pour une Citoyennete Active MCA
・ l’Assemblee Citoyenne des Originaires de Turquie
・ Les Amis de l’AMDH Paris
・ Commission arabe des droits de l’Homme
・ Coalition Internationale contre les Criminels de Guerre (ICAWC)
・ Centre de Damas d’Etudes Theoriques et des Droits Civiques
・ Bahrein Society for Human Rights
・ Observatoire francais des Droits de l’Homme
・ Protection des Defenseurs des Droits de l’Homme dans le Monde Arabe (PADDH)
・ Organisation Nationale des Droits de l’Homme en Syrie
・ Voix libre pour la defense des Droits de l’homme
・ Rencontre Culturel Euro-arabe
・ Association de Defense des Droits de l’Homme au Maroc
・ Observatoire Syrien des Droits de l’Homme
・ Association de l’Amitie Euro-arabe
・ Arab Network for Human Rights Information
・ Addameer pour les Droits de l’Homme ? Gaza
・ Comites de Defense des Libertes Democratiques & des Droits de l’Homme en Syrie
・ Collectif des Familles de Disparus en Algerie
・ Regard Citoyen
・ Manifeste des libertes
・ Rencontre des citoyens
・ Gauche Unitaire 統一左派
・ Syndicat Solidaires 連帯組合
・ Europe solidaire sans frontieres ESSF
・ Union des travailleurs immigres tunisiens UTIT
・ Jeunesse Emigree Reunionnaise en France
・ Les Alternatifs
・ Sortir du colonialisme
・ Section francaise de la Ligue internationale des femmes pour la la paix et la liberte WILPF
・ ISM-France
・ ACTUS/prpe(Tchad)
・ Collectif International pour les libertes
・ Le soutien aux mouvements populaires en Algerie
・ Acor SOS Racisme Suisse
・ La Coordination de l’Appel de Strasbourg (Collectif europeen)
・ Farrah-France (refugies) ; Civimed Initiatives OINGD
・ Militant Association tous egaux sous un meme drapeau
・ L’Association des Tunisiens de Corbeil Essonnes ;
・ Reseau Euro-Maghrebin Citoyennete et Culture (REMCC),
・ Union juive francaise pour la paix (UJFP) 平和のためのフランス・ユダヤ人連合


posted by デイズジャパン at 10:47| Comment(0) | 編集長便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。