2010年11月26日

言論・文化人賛同人の皆さまからのメッセージ


言論文化人の賛同人の皆さまからメッセージを頂きました。
その一部をご紹介いたします。

ピーター・バラカンさん(ブロードキャスター)
「祝島の方々の努力を無駄にしてはなりません。何としてでもこの原発への反対を貫き通すべきです。」


羽仁進さん(映画監督) 
「原子力発電は根本的な不都合を解決せぬまま、これ以上の継続は今中止しなければ、怖ろしいコトになると思います。」


山田洋次さん(映画監督) 
「上関町の室津で、ぼくは1967年に『愛の讃歌』(倍賞千恵子主演)という作品を制作しました。あのなつかしくて美しい風景に原発は似合いません。止めてほしい、と心から思っています。」

東武志さん(俳優・ラジオDJ) 
「祝い島の原発建設の問題に関して知ったのは今年の4月頃だったかと思います。祝い島の原発問題に反対をする地元住民の人達の運動等を撮った一つの映像でした。
実際に人生をかけて地元・故郷、祝い島を守ろうする映像を見、これまで知らなかった事にびっくりし、更に悲しくなりました。それから名古屋のCOP10(生物多様性)のイベントへ行った時にも、地元山口県の人が原発問題を掲げ祈られている姿をお見受けしました。これまで人間は便利さを求める事から、豊かな自然を壊し続けて来てしまいました。そして地球環境は大きく変えてしまいました。これ以上地球を汚すのはもうやめましょう。これ以上地球を汚せば近い将来自然の災害として人間に降りかかってくるのではないか本当に心配です。もし自分の住む短かな場所、或いは生まれ育った故郷にこのような問題が起こっていたら、皆さんは何を考えますか。僕たち人間一人一人が、地球規模の問題として、このような問題をしっかりと考え、新しい世界を築いていくべき時なんだと思います。同じ地球に生きる生物として、自然と共存して生きていく世界を築いていきましょう!そのためにもこの祝い島の原発建設問題には大反対します。 」

上関原発反対声明文
http://daysjapanblog.seesaa.net/article/166265180.html



posted by デイズジャパン at 12:28| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。