2010年11月19日

編集長便り(2010年12月号)

 DAYS は、たった4 人のスタッフで、出版し続けている。ただでさえ他社の数倍の仕事量(と思うが)にあえいでいるのに、次々と新しいプロジェクトが打ち出される。
「上関原発の建設に反対するジャーナリスト・言論文化人による声明」もそのひとつだ(本誌11ページ)。現地で中国電力に雇われた巨大な作業船が、田ノ浦に入るのを必死に食い止めている漁船やシーカヤックの人々からの、悲鳴のような叫び声が、毎日のようにDAYSに聞こえてくる。それは抹殺されようとする「奇跡の海」(本誌52ページ)の叫び声であり、未来の子どもたちの叫び声でもある。それを聞いて「忙しいから」とか耳をふさいで聞こえないふりをして、何もしないわけにはいられないではないか。
 さらに私たちは、電子版のDAYS INTERNATIONAL の刊行というとてつもない事業に乗り出そうとしている。成功する自信があるわけではない。それは電子版のメディアのほとんどが失敗しているからではない。想像してみて欲しい。この日本で、日本人向けではなく、さらに日本に住む外国人向けでもなく、世界の人々向けのメディアを誕生させようとしているのだ。それは英語版で始まり、他の言語に広げていくプロジェクトだ。そのための小さな準備室に、ボランティアの人々が集まってきている。
 今から7年前の11月、同じような光景が東京・杉並のマンションの一室で始まっていた。そのころ講演会で、私はDAYS創刊を呼びかけた。そのとき「皆さんが背中を押してくれれば、DAYSは創刊できる」と述べた。そのときと同じように、今新しい試みの呼びかけを開始する。メディア関係者のすべての人が不可能な試みと断言したDAYSはその4か月後に創刊された。同じように今私たちは英語版と日本語版のメディアを、2011年3月20日、DAYS7周年の日に出発させるつもりだ。すでにいくつかの国の人々が呼びかけに応えてきている。(広河)


posted by デイズジャパン at 12:31| Comment(2) | 編集長便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとう。
Posted by 卓巳 at 2010年11月19日 18:40
日本のDAYSから世界のDAYSへ。
DAYSという存在を家族、知人友人、職場の人達に知ってもらう事、購読する事がDAYSを支える事に繋がると信じています。

影ながら応援しています。頑張って下さい。
Posted by 門間 at 2010年11月22日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。