2009年10月16日

10/24(土)@京都【祝島緊急報告会】広河隆一 

 この度、祝島で原発を拒否し続ける島民の方の現状を伝える
広河の報告会を関西(大阪・京都)にて予定しております!
DAYSJAPAN11月号では「特集:祝島 原発を拒否する人々」を予定しており、
関西地区在住の方はご参加をお待ちしております。


【祝島緊急報告会@京都】

以下転送転載歓迎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【緊急報告】10月24日(京都)・DAYS JAPAN編集長広河隆一さんの報告
【緊急報告】
10月24日(土)19:00〜
「祝島ーー上関原発建設を拒否する人々」
 山口県の南東に位置する、室津半島と長島と祝島、八島からなる上関町で、
田ノ浦湾を埋め立て原子力発電所を二基建設する計画があり、それに対して祝島の人たちは30年近く反対し、
昔からの漁業や農業を営み続けてきました。
 今月、だまし討ち的に中国電力の埋め立て工事が強行され、
現地では緊張が走っています。
自然を守るために1000回以上のデモを続けてきた島民を孤立させないために、
私たちに何ができるか、現地スライドによる報告を交えて、考えたいと思います。
彼らのたたかいで守ろうとしているものは、
私たちの守らなければならないものでもあるはずです。

広河隆一さん
フォトジャーナリスト
DAYS JAPAN編集長
1943年天津生まれ、2歳のとき日本に引き揚げる。
早稲田大学卒業後イスラエルへ。70年帰国。
以後、中東問題と核の問題を中心に取材を重ねる。
1982年、レバノン戦争とパレスチナ難民キャンプの虐殺事件の報告で、
よみうり写真大賞、IOJ国際フォトジャーナリスト大賞、金賞を受賞。
チェルノブイリとスリーマイル島原発事故の報告で講談社出版文化賞、写真記録パレスチナで土門拳賞など受賞多数。
2004年3月月刊誌DAYS JAPANを創刊。
2008年に映画パレスチナ1948NAKBAを完成、アーカイブス版30巻も完成。
チェルノブイリ子ども基金顧問、
パレスチナの子供の里親運動顧問、
日本PENクラブ会員。
著書多数。

【主催】
楽天堂・豆料理クラブ
HP http://www.rakutendo.com    

【日時・場所】
2009年10月24日(土)
19:00〜20:30(18:30開場)

場所:京都YWCAホール(80名)
京都市上京区室町出水上ル近衛町44

会費:700円

【行き方】http://kyoto.ywca.or.jp/access/01.html
■ 地下鉄丸太町駅
2番出口より北へ5分 2つ目の信号を左折
■ 地下鉄今出川駅
6番出口より南へ徒歩10分

【お申し込み方法】
席確保のため、事前に予約くださいますよう、お願いいたします。
楽天堂
Mail exchange@rakutendo.com
〒602-8354 京都市上京区下立売通七本松西入西東町364-14
TEL (075)811-4890
FAX 020-4665-6740 or (075)811-4890

【お問い合わせ】
同上


ちなみに、豆料理クラブ有志は、先月、山口県知事に下の要望書を出しました。

      要望書

上関の埋め立ての前に地元の人々と中国電力がよく話しあうことができるように、
山口県として話し合いの場を設定してくださるようにお願いします。
わたしどもは消費者団体ですが、日本のエネルギーの安定供給に負けずおとらず、
日本の食卓の安全の確保と自給率の向上が大切だと思っています。
上関町からは毎年、天日干しの高品質なひじきや寒干し大根、蛸の燻製などを仕入れ、
会員に喜ばれています。
その生産者の生産活動をおびやかすような埋め立てをすることは、
わたしたちの食卓がおびやかされることです。
生産者が安心できるまでしっかり話し合いができるように、
山口県は(中国電力に要請するだけに留まらず)積極的なアクションを起こしてくださるようにお願いします。
また、話しあいが持たれるまでは埋め立て作業にとりかからぬように中国電力に要請してください。


posted by デイズジャパン at 12:06| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。