2009年07月30日

読者の声 2009年8月号no.8

「核の痕跡」
現地で事故の年に生まれた子どもも、今はもう23歳。
自分と同い年だからこそ、親近感も沸いてくる。
これまでの長い年月を、放射能によって苦しめられてきたのかと思うと、胸が苦しくなる。
それと同時に、こんなにも長く痕跡を残す、放射能の影響に恐怖も覚える。どこにぶつければいいのかわからない彼らの痛み、苦しみ、怒り。それが何代にもつながっていってしまう。
そんな彼らの思いを拾うことこそ、フォトジャーナリストの仕事なのだろう。
(20代/男性)
posted by デイズジャパン at 22:00| Comment(0) | 読者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。