2009年07月28日

読者の声 2009年8月号no.6

「ブラジル生まれ 日本育ちの私たち」を読んで

「出稼ぎ」を目的に多くの外国人が日本に渡ったと同様に、戦前日本人も「一攫千金」を狙い渡航した。‘移民’としての海外生活は、馬小屋での寝食、長時間に渡る肉体労働と夢にも思わぬ生活が待っていた―半世紀以上経った現在、グローバル化によって恩恵を預かる先進国の影で、経済を支えているのは、低賃金で働く移民をはじめとする外国人労働者です。私たちの生活を支えてくれている外国人コミュニティのマイナスイメージを払拭させてくれるような日系人経営者の奮闘も話を聞きますが、彼ら、彼女らが安心して暮らせる基盤を作るにはまだまだ時間がかかると思います。
(20代/女性)
posted by デイズジャパン at 11:21| Comment(0) | 読者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。