2009年07月24日

感謝*お手伝いありがとうございました

SN360108.jpg

昨日、横浜国際フォトジャーナリズム・フェスティバルの作業をしました。2005〜2009年の受賞作品の中から、写真展会場に展示する写真を選んだのですが、各年約5箱の木箱に収納されている数大変な数でした。

白い手袋をつけて、ボランティアの皆さんと一緒に、写真を運んだり梱包したり・・・まさに「作業場」といった熱気が漂っていました。

遅くまで残って頂き、おかげ様で受賞作品は選びきることができました。今後、壁面図を作りながら、微調整もありますが、第1段階の大きな山を越えました。
ありがとうございました&お疲れさまでした!

■写真に映っている木箱(5〜6箱)には、約1年分の受賞作品が入っています。


posted by デイズジャパン at 16:57| Comment(1) | プロジェクト事業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本に於けるフォトジャーナリズムの灯を、頑ななまでに真摯に死守する、という姿勢が多くのボランティアスタッフの方々を惹き付けて止まないのでしょうね☆

瀕死のジャーナリズムに危機感を覚えている方々は潜在的にまだまだ沢山いるかと思います。

今後も様々な「危機」に直面してゆかれることと思いますが、「DAYS JAPAN」誌やそれを支えるスタッフの方々による「引率」に感謝とエールを送りたいと思います★
Posted by Traubert at 2009年07月24日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。