2009年07月02日

読者の声 2009年7月号no. 2

7月号の感想がまた寄せられていますので
ご紹介させていただきます。 

=============================================
日本大使一行の襲撃事件の記事とても興味深かったです。
「米軍を警護に使う使うこと自体、市民にとっては受け入れがたいことだった」
という記述が、現場からの視点をうまく伝えていて良かったと思います。

とくに感想を送りたいと思ったのは「敵」の姿に関してです。
私は先月号からの購入なのでバックナンバーを知りません。なので不適切な指摘であったら申し訳ありません。

この記事では「敵」の真の姿をきちんと語っている私が読んだ中で初めての記事です。
ただ、ソマリアに関して思ったのですが「なぜ今頃になって」この記事なのでしょうか?

日本のジャーナリズムに憤りを感じていた理由が、視点のずれた記事が多く、海賊船に関してはその最たるものでした。

私は国際政治を学んでいるのですが、クラブJPOのメーリスには去年の12月、安保理でアメリカが海賊行為の撲滅の為にソマリアにおける空爆も認めることを可決させた頃に今回の記事と同程度のものが流れてきました。

その方はアフリカ日本協議会の方だったので一般の人よりは事情に詳しいという理由があったと思います。でも、なぜジャーナリズムを標榜する人たちがもっと早く考え、記事にしてうったえてこなかったのでしょうか。

とにかく「遅いな」というのが正直な感想でした。

あと新しい差別とDVの記事もすごくよかったし、毎回のことですが写真の力見せ付けられました。



posted by デイズジャパン at 16:05| Comment(0) | 読者の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。