2009年01月11日

ガザ空爆報道のうそ

「罪を正当化できる罪はない」。友人でイスラエルのテルアビブ大学歴史学教授のシュロモー・サンドが授業で生徒に教えている言葉だ。ホロコーストがあったからといって、他者への抑圧はいっさい正当化されないというのだ。日本もヒロシマがあったからといって、それ以前の中国や朝鮮占領で起こったことを正当化できないのと同様に。
1月6日、ガザの学校がイスラエル軍の攻撃を受け、子どもたちを含む多数の死傷者を出した。これらのガザ空爆と侵攻は、どのように正当化され、国民に支持されてきたのだろうか。イスラエルの言い分は、イスラエルの抹殺をスローガンにするハマスがロケット攻撃を行い、犠牲者を多く出しているというものだ。アメリカを先頭に日本を含む世界のメディアはこれにおおむね同調している。「それにしても犠牲が多すぎるから、お互いに冷静になって停戦を」という論調だ。アメリカはイスラエルとまったく歩調をあわせ「ロケット攻撃というテロが終わる可能性がない限り停戦の必要なし」と言っていた。
しかし一方的にハマスがイスラエル人を殺害しているというのは本当なのか。データはまったく異なる事実を示している。英ガーディアン紙によると2001年からこの12月の「戦争」が始まるまでの間に、ロケットによるイスラエル人の死者は16人だった。一方で06年のハマス政権誕生から08年12月6日までの3年間だけでイスラエル軍の攻撃によるパレスチナ人の死者は446人。そして12月の停戦破棄以降のパレスチナ人の犠牲者は1月8日現在で670人以上(AP通信)。06年からあわせると1116人だ。イスラエル側の死者は01年以来の合計で28人である。この内の4人は味方の誤射で殺されている。イスラエル側を被害者のような、あるいはどっちもどっちという主張をしているメディアに決してだまされてはならない。

広河隆一
posted by デイズジャパン at 17:16| Comment(3) | 編集長便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
在日コリアン3世の学生です。
そうですよね、

今日私の祖父はガザのニュースをみて、怒ってました。そして戦時中の日本の朝鮮占領や根本原因であるイギリスのパレスチナに対する悪事等を想起していました。

他者への抑圧はいかなる立場であれ許されることではないですよね。補償行為なんてあってはいけない。

かつてマイノリティーだったイスラエル人が今パレスチナ人を大量虐殺していることに私も怒りを覚えます
過去の、そして今の、利害重視で国際的にイスラエル寄りな先進国の対応にも。

人が生きていること以上に価値があるものはないのに。
Posted by りさ at 2009年01月11日 23:15
はじめまして。
DAYS購読1年足らずの若輩者です。(若くないですが)

昨年は運良く「NAKBA」を見ることもできました。

お陰様で自分の感覚が意識がまるで変わってしまった気がします。

例えばニュースを見た時の考え方(捉え方)の変化です。

まだなんとなくですが一般報道だけで真実を見極めるのはとても難しい‥ということを知りました。
むしろ危険すら感じます。

恥ずかしい話ですが昔の自分だと操作された内容に簡単に踊らされていたに違いありません。

おそらく日本人の殆どはパレスチナ問題だけでなく世の中の出来事一つ一つに驚く程無関心(他人事)‥という事が自分がそうだった故に分かる感覚なのです。

しかしこのブログ‥
昨日初めて見たのですが、皆さんのコメントがあまりにも少なすぎます。
まだココが知られてないからなのかもしれませんが‥
それにしちゃ少な過ぎませんか??

特任☆班長
Posted by 特任☆班長 at 2009年01月12日 01:19
グローバル化の時代、私たちはいつでも・どこでも、世界と繋がることが可能になりました。
しかし一方で、現代は「リアリティの喪失」の時代、「他者の不在」の時代とも言えると思います。

表情が見えない。
表情が見えない人間には、本当の意味で「思いを馳せる」ことができません。

それは、共同体の崩壊やマスメディアの急激な発達、資本主義の肥大化など、
さまざまな要因によってのもの。

「おそらく日本人の殆どはパレスチナ問題だけでなく世の中の出来事一つ一つに驚く程無関心(他人事)」。同感です。
言ってみれば、私も画面の向こうの空虚と根こぎになった現世界の空虚を前に
途方にくれて、疲弊し、口をつぐんでしまっていた。

これではなにも変えられません。
いまやっと気付き始めました。

他者が不在なら、健全なコミュニケーションも生まれません。
今私たちに必要なのは「表情を持った生々しい人間、そしてその人生」を
思い描ける「想像力」ではないでしょうか。

それができれば、各人が何らかの「行動力」を発揮することも、難しいことではありません。
そしてその「行動力」に対してのリアクションが生まれて……。そして世界は動き出す。


私たちは、空虚に向かって叫ばなくてはならない。

自分の声が拡散して、ブラックホールに飲み込まれることを恐れていてはいけない。

私たちは、働きかけてくれる人に、もっともっと応えなくてはならない。

ちゃんと受けとっていることを表明しなくてはならない。

そうして奮い立つ人がいて、救われる人がいるから。


まずはdaysのブログにレスポンスすることが、私の最初の行動力です。
おそらくこのブログの読者は数百、数千いるはずです。
daysに関わる、固有名詞をもった多くの人間たちが、私たちに呼びかけています。


Posted by N at 2009年01月12日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。