2009年01月10日

米国上院、イスラエルのハマスとの戦いへの強い支持を表明

ハアレツ紙 2009/1/8 
WATCH: U.S. Senate voices strong support for Israel's Gaza battle against Hamas   http://www.haaretz.com/hasen/spages/1053951.html より抜粋

木曜日、米国上院はガザの対ハマス武装勢力とのイスラエルの戦いへの強い支持を表明した。一方ハマスがイスラエルにこれ以上ロケットを発射することを防ぐ停戦を求めた。委員会は民主党と共和党の指導部がともに押した、強制力のない決議に(声での)投票をおこなうことで合意。「この決議を通す時、米国上院はガザからの攻撃に対して自衛する動かしがたいイスラエルの権利、それにわれわれのイスラエル−パレスチナ和平協議への支持を再確認して、イスラエルとの歴史的絆を強めることになる』 民主党ネバダ州選出ハリー・リード上院議員は投票前に述べた。また、『もしいま、米国にトロントからロケットや迫撃砲が飛んできたらどういうことか、想像してみて欲しい。我が国はどう、対応するだろうか?』とも述べた。下院も類似した決議をとおすだろうと見られている。
この13日間のパレスチナ人の死者は700人。イスラエル人は11人が死亡、うち8人が兵士、そのうち4人は仲間内の誤射によるもの。

(訳:青柳 泉)
posted by デイズジャパン at 01:58| Comment(2) | ガザ空爆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いったいどうすればいいのか
無力すぎて
無気力になる。
Posted by う at 2009年01月11日 01:43
アメリカの議員達は全て理解した上で決議してるのか? だとしたら彼らはどうしようもない馬鹿!!
Posted by mamasan at 2009年01月12日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。