2009年01月09日

国連:イスラエルは避難させたパレスチナ人を爆撃

ガーディアン紙 2009/1/9 Israel shelled Palestinians after evacuating them, UN says http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/09/gaza-palestinians-israel-evacuees-zeitoun より抜粋

国連:イスラエルは避難させたパレスチナ人を爆撃
避難した人で満杯の家での30人の殺害は、ガザでの作戦開始以来「もっとも重大な事件のひとつ」

OCHAが集めた証言によれば、ガザ南西部のゼイトゥーンのある平屋に、110人を避難させたイスラエル軍は、安全のため中に留まるように指示。しかし24時間後、家を爆撃した。避難したいた人のうち、半数が子ども。またOCHAの報告はイスラエル軍が負傷者を運ぶために医療チームが現場に入るのを拒んだとしている。イスラエル軍スポークスマンはAFPニュースに対して「確認の第1段階にあたり我々はこの事故については聞いていない。調査は始めたが、まだ何もわかっていない」と述べた。イスラエルによる軍事作戦開始以来、750人のパレスチナ人が死亡している。ガザの人口の半分は子どもである。パレスチナ自治政府は犠牲者の42%が子どもと述べている。ユニセフは開戦後の10日間で少なくとも100人の子どもと未成年が死亡したと発表。犠牲者数を数えるスタッフを病院に置いている「人権のためのパレスチナセンター」は、160人以上としている。

(訳:青柳 泉)


posted by デイズジャパン at 22:29| Comment(1) | ガザ空爆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはジェノサイドではないでしょうか。
無抵抗な非戦闘員であるパレスチナの人たちを虐殺している。
人種・民族・国家・宗教などの構成員に対する抹消行為です。

国連で採択されているジェノサイド条約に違反していないでしょうか。
Posted by 古希じい at 2009年01月11日 09:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。