2009年01月05日

ガザのゲルニカ イスラエルによる空爆で300人以上が死亡

英語スクリプトはこちら

動画 後半37分
 
世界中で抗議の声がまきおこる中、イスラエルはガザ爆撃を続けています。数カ月間におよぶ封鎖によってガザの市民生活を完全に麻痺させた上に加えられたスラエルの猛攻撃は、1948年以来で最も犠牲者の多い凄惨なものと言われています。攻撃開始3日目でガザ地区の一般市民300人以上が死亡、1400人が負傷しました。

イスラエルのエフード・バラク国防相は「ハマスとの全面戦争」を宣言し、地上戦にむけた準備を進めています。ガザ周辺は軍事緩衝地帯とされ、ジャーナリストや一般市民の立ち入りを禁じて150万人のガザ住民を孤立させました。

イスラエルは今回の軍事作戦の目標を、ガザから発射されるロケット弾からイスラエル南部を守るためとしています。西岸地区のパレスチナ自治政府アッバース大統領も、ハマスが停戦合意の継続を拒みロケット弾攻撃をしたことが今回の事態を招いたと、ハマス政府に責任をかぶせています。欧米のメディアはイスラエルの自衛権行使を正当と認めたうえで、いささかやりすぎではないかとやんわり批判するのみです。本当にそんな解釈でよいのしょうか?

現在の事態について、ガザ地区からムーサ・エルハッダートと、ラファのフィダ・キシュタの2人、西岸地区のラマラからは独立系議員で大統領候補として出馬したこともあるムスタファ・バルグーティ、イスラエルからはテルアビブ在住のハアレツ紙記者ギデオン・レビ、米国からはエレクトリック・インティファーダ共同設立者のアリ・アブニマーと、さまざまな立場の人々からの現状分析を聞きます。

ゲスト
*ムーサ・エルハッダート(Dr. Moussa El-Haddad) ガザ市在住の元外科医 有名ブロガーのライラ・エルハッダート‘Raising Yousef’の父

*フィーダ・キシュタ(Fida Qishta) ジャーナリスト、国際連帯運動(IMS)のガザ地区の世話人

*ムスタファ・バルグーティ(Dr. Mustafa Barghouti)ラマラ在住のパレスチナ立法評議会議員、ファタハに対抗する民主派の政治家

*ギデオン・レビ(Gideon Levy) イスラエルのハアレツ紙の記者

*アリー・アブニマー(Ali Abunimah)米国在住 エレクトロニックインティファーダThe Electronic Intifadaの共同創設者。 One Country: A Bold Proposal to End the Israeli-Palestinian Impasse (『一国家解決 出口のないイスラエル=パレスチナ紛争を終結させる大胆な提案』)の著者。29日のガーディアン紙に‘We Have No Words Left’ を寄稿

字幕翻訳:田中泉/校正・全体監修:中野真紀子


posted by デイズジャパン at 22:22| Comment(0) | ガザ空爆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。