2012年11月21日

広瀬隆さんからDAYS JAPAN 12月号について

広瀬隆さんがDAYS JAPAN 12月号特集「衝撃の原発事故シミュレーション〜地形・気象を考慮した汚染予測」について書いて下さいました。

F_表紙_1212.jpg

【DAYS JAPANの報告・・・広瀬隆】

今月号(2012年12月号)のDAYS JAPANに、若狭湾と泊原発で大事故が起こった場合の、鮮明な汚染シミュレーション図が出ています。これは、私が一番信頼している民間シンクタンクの環境総合研究所の青山貞一さんによる解析です。インターネットでも公開されていますが、ネットでは鮮明でなかったので、助かりました。DAYS JAPANをぜひ見てください。
若狭湾の場合は、風向きが南に向かった場合、関西地方が壊滅する様子が、ぞっとするほど明確に出ています。

泊原発の場合も同様ですが、こちらも放射能が南下する場合のシミュレーションになっています。先週、北海道の東にある網走と北見に講演会で行ってきましたが、地元の人たちは、泊原発の場合には、シベリアから吹く風で、風が東に(内陸に)向かうことが多いと言っていたので、このシミュレーションを東向きの風で想像すると、知床まで壊滅するでしょう。
 そして私がショックを受けたのは、すでに網走の魚からセシウムが高い数値で出ているとの話でした。網走がどこにあるかを、みなさん地図で見てください。すでに海洋汚染が北にまで拡大しているのです!

広瀬隆



明日は「福島原発4号機の核燃料問題を考える第2回議員と市民の院内集会」も開かれます。
第一部は広瀬隆さん、村田光平さん。
衆議院第一議員会館1F13:30開場16:30終了。
参加費 ¥1,000(要予約)

詳細は以下のサイトから。
http://goo.gl/l4CfV

どうぞ宜しくお願い致します。

営業部
佐藤典子

posted by デイズジャパン at 14:24| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする