2012年11月02日

NPO法人「沖縄・球美の里」広河隆一から

みなさん
その後いかがお過ごしですか。沖縄・球美の里は、少しずつ変化しています。
私たちの団体は、10月から「特定非営利活動(NPO)法人沖縄・球美の里」になりました。
この度はいくつかのお知らせをします。

【1】お友達をご紹介ください 
新しいチラシが出来上がりました。お友達の方にお渡しいただき、ご支援をお勧めいただけましたら幸いです。

【2】久米島コンサート 11月16日に、6時から久米島の具志川農村環境改善センターでチェルノブイリ事故で被災したナターシャ・グジーのコンサートをします。無料です。私の話と島の民謡グループ「親子塾なんくる」も出演します。

【3】写真展 14日から25日までは久米島博物館で、
私の写真展「チェルノブイリ・フクシマそして世界の戦場」も開催します。この機会に久米島を訪問してみようと思われた方、ぜひ参加ください。保養期間中なので、施設にお泊りはできませんが、ご訪問は歓迎します。特に17日の午前中は9時以降11時半まで、ご訪問に対応する担当者を配置します。

【4】これらの問い合わせ受付については、いわき事務局ではなく東京事務局で行いますので、
   ファックス 03-3322-0353か
   メール tokyo@kuminosato.netの根本までご連絡ください。

【5】シンポジウム「福島の子どもを守るためにチェルノブイリの経験から学ぶ」 
ベラルーシから、保養施設「希望21」の所長を20年以上勤めてこられたマクシンスキーさんをご招待し、チェルノブイリ事故の後、汚染地で育った子どもたちを保養させるうえで、どのようなご苦労があったか、ご経験やその効果などを詳しく聞く機会を持ちたいと思っています。また同時に開始後半年目を迎えます球美の里の報告も私からさせていただきます。予定は次の通りです。

12月15日(土)14−18時 マクシンスキーさんの久米島講演会と交流会。
 会場:沖縄・球美の里のダイニングルームか図書室。

15日昼から球美の里で1泊2日で、講演、交流会参加、宿泊費と食事込みで参加費10000円で募集をします(交通費は別)。この時期は子どもの保養がありませんので、施設を利用していただきます。お申し込みやお問い合わせは、上記メールアドレスにお願いします。

現在も福島の子どもたちの通年の保養施設としては、沖縄・球美の里が、日本では唯一のものですが、私たちの運営の仕方を知って、北海道ほかに、同様の施設を建設する動きが起こっています。この機会に球美の里を訪問したいという方にはいい経験になると思います。関心のある友人の方にお知らせください。

そのほかのマクシンスキー講演会は次の通りです。

東京講演会:12月16日(日)18時半―21時半 
 会場:北沢タウンホール
(下北沢 03−5478−8005)、
 参加費:900円 
 予約先:tokyo@kuminosato.net (根本) 

福島県いわき市講演会:12月17日(月)18時― 
 会場:アリオス
(いわき芸術文化交流館 0246−22−8111)
 参加費:500円 託児所利用希望者のみ要予約。
 お問い合わせはtarachine@bz04.plala.or.jp(鈴木)まで

京都同志社大学講演会。12月19日(木)18時半―21時 
 会場:同志社大学今出川校地新町キャンパス・臨光館201教室 

 資料代:500円 予約不要 
 問い合わせ先:
 社会学部メディア学科・浅野健一研究室 asanokenichi@nifty.com 
 電話075−251−3411(学部事務室)
 
これから福島の子どもたちを健康に育てるためにはどのようなことに気を付けるべきかを知るためのいい機会になると思います。ご参加をお待ちします。

【5】 広河隆一郡山講演 
来年1月13日に郡山女子大で、私のジャーナリズムについて放送大学の講演会を行います。詳細は追ってDAYS JAPANホームページか球美の里のホームページでお知らせします。
また私の放送大学の番組(衛星放送)「フォトジャーナリズムとは何か」は、1月1日(火)22:15〜23:00にも再放送されます。

以上長い手紙で申し訳ありませんでしたが、よろしくお願いします。

2012年11月2日
NPO法人沖縄・球美の里 理事長 広河隆一
posted by デイズジャパン at 18:29| Comment(0) | 編集長便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンサートin久米島〜チェルノブイリから福島の子どもたちへ〜

コンサートin久米島
〜チェルノブイリから福島の子どもたちへ〜

ナターシャコンサート.jpg


----------------------------------------------------------
日時: 2012年11月16日(金)18:30〜20:00(開場18:00)
会場: 久米島町具志川農村環境改善センター
*入場無料 *保育室あり
演奏: 歌とバンドゥーラ(ウクライナ民族楽器)
演奏 ナターシャ・グジー
スライド講演: 広河隆一(フォトジャーナリスト)
三線と民謡: 親子塾なんくる
共催: 沖縄・球美の里、久米島町、久米島町教育委員会
お問い合わせ: tokyo@kuminosato.net
----------------------------------------------------------
posted by デイズジャパン at 18:27| Comment(0) | 沖縄・球美の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NPO法人 沖縄・球美の里

福島の子ども保養プロジェクトin 久米島
NPO法人 沖縄・球美の里

kumi_121102_ページ_1.jpgkumi_121102_ページ_2.jpg



 福島第一原発事故で被曝したか、あるいは今も汚染された地域に住む子どもたちがいます。この子どもたちの健康回復のために保養センターを作る企画を、全国の人々、特に沖縄の久米島の人々が支援してくださいました。
NPO法人 沖縄・球美の里 理事長 広河隆一


 NPO法人「沖縄・球美の里」は、原発事故による被害を受けた福島の子どもたちの心身の健康を守るために、2012年7月5日に久米島でスタートしました。
「球美の里」は、福島の子どもたちを通年で受け入れる、日本で初めての専用施設です。
 現在は、毎月40〜50名前後の子どもたちと保護者を招いて、2週間前後の保養プロジェクトを行っています。11月には第6次のグループが保養することになっています。
 一定期間の保養によって、抵抗力や免疫力をつけるのが私たちの目的です。顔色がすっかりよくなり、活発になったわが子と再会された保護者の方々も驚かれ、喜ばれています。私たちは子どもたちがストレスのない環境でのびのびと暮らし、地元の栄養たっぷりな食事をとった結果だと信じています。さらに私たちは毎日、食品の放射能測定を行い、安全な食べ物を提供することを心がけています。8月からは、この施設ではヨガやアロマテラピーの専門家も常駐するようになりました。
 皆様のご理解とご支援をお願いいたします。

子どもたちの保養について

子どもたちの参加費はすべて無料です。
未就学児童の保護者は交通費のみいただきます。
レクリエーション・キャンプのつもりで、軽い気持ちでご参加ください。
★球美の里の理念や活動の詳細、保養の応募の方法や募集期間、ボランティアの募集などについて詳しくは、球美の里のホームページをご覧ください。
http://kuminosato.net

NPO法人「沖縄・球美の里」賛同人(一部)
山田洋次(映画監督) 宮崎駿(監督) 吉永小百合(俳優) 石井竜也(アーティスト) 加藤登紀子(歌手) 落合恵子(作家) 坂本龍一(アーティスト) ピーター・バラカン(キャスター)ほか多くの方々。(詳細はホームページをご覧ください)

「 沖縄・球美の里」に協力してくださっている団体(一部)

久米島町、久米島町議会、(社)久米島町観光協会、久米島商工会、FM久米島(株)、久米島町教育委員会、久米島PTA連合会、チェルノブイリ子ども基金、広河隆一写真展事務局、(株)アウレオ、久米島町建設業協会、久米島紬事業協同組合、〈ゆの実〉会、やちむん土炎房、タッチインピース、(株)タビックスジャパン ほか多くの団体

特別後援団体

DAYS JAPAN、未来の福島こども基金

--------------------------------------------------
NPO法人「沖縄・球美の里」
本部:東京都世田谷区松原1‐37‐19  
   TEL 03-5376-7898 FAX 03-3322-0353 info@kuminosato.net 
久米島事務局:沖縄県島尻郡久米島町字山城799(「やちむん土炎房」隣り)
  TEL 080-5008-0233 TEL&FAX 098-985-8880
   ●保養参加者の受け入れと運営、ボランティア担当 
いわき事務局:福島県いわき市小名浜花畑11-3 いわき放射能測定室たらちね気付
   tarachine@bz04.plala.or.jp 0246-92-2526(TEL&FAX)
   ●参加希望者の募集、選考、送り出し担当 
東京事務局:東京都世田谷区松原1‐37‐19
  FAX 03-3322-0353 tokyo@kuminosato.net
   ●募金、企画、宣伝担当

--------------------------------------------------
ぜひ募金にご協力ください

この施設はすべて皆様からのご寄付で運営しています。
ご協力をお願いいたします。
A : 募金(運営資金/いくらからでも結構です)
B : 「スポンサーシップ制度」(一人の子ども、あるいは一組の母子を1回受け入れるための費用)へのご参加(1口5万円)
--------------------------------------------------
郵便振替口座 00180-5-763888 DAYS被災児童支援募金
posted by デイズジャパン at 18:10| Comment(0) | 沖縄・球美の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする