2012年10月03日

DAYS JAPAN 10月号特集「それでも私は戦場に行く」

今年8月20日に、シリアのアレッポで政府軍側の民兵に銃撃され亡くなった、山本美香さんを惜しむ声が止みません。DAYS JAPAN 10月号では特集「それでも私は戦場に行く」で、アジアプレス・インターナショナル代表の野中章弘氏に記事を書いていただきました。

P12-17_yamamoto_seki_04_ページ_1.jpg

「正義感と負けん気が強くて、弱音を吐かず、明るい笑顔を絶やさない」
そんな山本美香さんは2003年4月にイラク・バグダットでジャーナリストの死を間近で目撃したそうです。砲撃を受けたパレスチナホテルの向かいの部屋にいて、この惨状を目撃した彼女。

それでも戦場にいくのをやめなかったのは、「戦争で犠牲になるのは女性や子どもたちです。不条理な死を強いられる彼らの声なき声を伝えていきたい」そんな強い思いがあったから。

自社の特派員の安全を守るため、危険な取材を委託されるフリーのジャーナリストの現状と、それとは別にプロとしての誇りを持って真実を伝えようするスピリット。

一枚の写真の向こうには、想像をはるかに超えた人間の思いの深さがあることが、
野中氏の文章から、そして何よりジャーナリスト山本美香さんの生き方から、伝わってきます。

営業部
佐藤典子




posted by デイズジャパン at 20:50| Comment(0) | 営業部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする