2012年09月14日

いよいよ明日から!【地球の上に生きる2012 in 宮崎】

ついに宮崎での「地球の上に生きる2012 DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展」の開催です。会場は宮崎日日新聞社本社1Fのイベントプラザ。今回の写真展では東日本大震災に関わる写真が数多く展示されています。いずれも、当時そこにいた人々の心情がじかに伝わってくるようなものばかりです。新聞や雑誌のページで見るのとは違い、まるでその場に居るかのような大きくて鮮明な写真パネルに、先に開催された福岡会場では多くの感動の声が寄せられました。
また、シリアをはじめとする中東の状況を写した写真も多数展示されます。
宮崎の皆さん、この連休はぜひ「地球の上に生きる2012 DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展」まで足をお運びください!

20120913190717_00001.jpg

地球の上に生きる2012 DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展in宮崎

【日時】9月15日(土曜)から9月20日(木曜)
    10時から18時まで(最終日は15時まで)
【会場】宮崎日日新聞社 本社 1Fイベントプラザ
    〒880-8570 宮崎市高千穂通1-1-33
    Tel: 0985-26-9315
【主催】JICA九州

世界的評価の高い報道写真雑誌である『DAYS JAPAN』のご協力のもと、「第8回国際フォトジャーナリズム大賞」の受賞作品を含む80点におよぶ世界的なジャーナリストから寄せられた写真による報道写真展を宮崎で初めて開催いたします。

今回は「東日本大震災」「モンゴルの環境避難民」「リビアの革命」など、気候変動、紛争、児童労働、人権侵害などをテーマとした作品が揃っております。特に昨年国内を震撼させた東日本大震災については被害の深刻さとともにそこに生きる人々の姿を写し出しています。また、『DAYS JAPAN』主宰者であります広河隆一氏によるパレスチナをテーマとした「新・人間の戦場」は、紛争がもたらすものは破壊のみであることを訴え、平和を望む人々の戦いを改めて見つめ直す機会となるのではないでしょうか。

後援:宮崎県、宮崎県教育委員会、(公財)宮崎県国際交流協会、宮崎日日新聞社、NHK宮崎放送局、
MRT宮崎放送、UMKテレビ宮崎、エフエム宮崎、国際協力ネットワーク宮崎、宮崎県海外協力協会、
宮崎県青年海外協力隊を支援する会、宮崎県JICA派遣専門家連絡会

問合せ先:
JICAデスク宮崎 (担当:崎田)
住所:〒880-0805 宮崎市橘通東4-8-1カリーノ宮崎8F
Tel:0985-32-8457 FAX:0985-32-8512
Email:jicadpd-desk-miyazakiken@jica.go.jp
http://www.jica.go.jp/kyushu
posted by デイズジャパン at 09:00| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする