2017年04月03日

4/15からKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭のアソシエイテッド・プログラムとして京都市内2か所でDAYS JAPANの写真展を開催します

今年5回目をむかえる、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2017(会期:4/15〜5/14)
のアソシエイトプログラムとして京都市内2か所でDAYS JAPANの写真展を開催します。
歴代のDAYS大賞受賞作品、および広河の作品も展示する大きな写真展です。
期間中、広河隆一の講演や映画「人間の戦場」の上映も予定しています。(参加費無料・申し込み不要)
「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2017」(http://www.kyotographie.jp/ )は
京都市内の歴史的建造物など16会場にて国内外の重要作家が参加する国際的な写真祭です。
イベントも目白押しですので、ぜひ足をお運びください。

ポスター戻し.jpg

<第1会場>立命館大学国際平和ミュージアム 2017年度春季特別展
「DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展」


日時:2017年4月15日(土)〜7月9日(日) 9:30〜16:30(入館は16:00まで)
金曜日は19:00まで開館(入館は18:30まで) 毎週月曜休み、4/30と5/6も休館
会場:立命館大学国際平和ミュージアム 中野記念ホール 
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/info/access.html
展示内容:歴代のDAYS国際フォトジャーナリズム受賞作品及び広河隆一の作品
参観料:大人400円、中・高生300円、小学生200円 ※5/20・21日は国際博物館の日のため無料
主催:立命館大学国際平和ミュージアム  協力:DAYS JAPAN

【関連イベント】映画「広河隆一 人間の戦場」上映会&広河隆一講演
日時:2017年5月4日(木・祝) 13:00開場 13:30〜上映と講演 16:30終了
会場:立命館大学衣笠キャンパス充光館 地階301教室 ※参加費無料、申し込み不要


<第2会場>DAYS JAPAN写真展「一枚の写真が国家を動かすこともある」
日時:2017年4月15日(土)〜5月12日(金)10:00〜17:00 無料
会場:京都新聞2階ギャラリー
〒604-8577 京都市中央区烏丸通夷川上ル 京都新聞ビル2階
(京都市営地下鉄烏丸線 丸太町駅 7番出口あがってすぐのビルです)
展示内容:大きなパネルを中心とした歴代のDAYS国際フォトジャーナリズム受賞作品約30点


★京都新聞2Fギャラリーでのボランティアさん募集中
展示期間中、京都新聞の会場で問い合わせの対応、入場者のカウントなどを
していただけるボランティアさんを募集しています。
可能な方には写真の説明のガイドもお願いしたいと思っています。(知識や経験は不問です)
短期も可能です。時間などはご都合にあわせご相談ください。

ご興味のある方は kikaku@daysjapan.net TEL:03-3322-4150 (根本)までご連絡ください。
フォトジャーナリズムに興味のある学生さん、写真愛好家の方などどなたでも。
ご連絡お待ちしています。

ご協力いただいた方には、立命館国際平和ミュージアムでの写真展の招待券と
お好きなDAYS JAPANのバックナンバーをさしあげます。

DAYS JAPAN京都新聞 ポスター.jpg
posted by デイズジャパン at 20:42| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

広河隆一事務所 スタッフ募集

広河隆一事務所では、以下内容でスタッフを募集しています。

○仕事内容
フォトジャーナリスト広河隆一の補助業務。資料整理、スケジュール管理、取材の手配。
また、広河が代表を務めるDAYS被災児童支援募金の法人化に向けた手続き、事務作業、募金の管理など。
○募集要項
社員 週5日(3か月間の試用期間あり)
月給制(委細面接時相談)
履歴書(写真貼付)を郵送かメールでお送りください。追ってご連絡させていただきます。
○応募先
156−0043
東京都世田谷区松原1−37−19−302
有限会社 広河隆一事務所 
メール:hiropress@daysjapan.net
posted by デイズジャパン at 17:36| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

2/27 DAYS原発災害対策を考えるシンポジウム「次の原発事故が起こった時、私たちに何ができるのか」

福島原発事故からもうすぐ丸6年が経とうとしています。
現在も日本列島で地震が頻発し、次の原発事故が起こる可能性は非常に高いです。
もしまた事故が起こったら私たちは何をすべきなのでしょうか?

2月27日(月)は、この6年を振り返り
自衛隊の原発事故救援の課題、避難について、国会事故調の提言は何が生かされ、何が生かされなかったのか
原発事故報道でメディアは役割を果たせるのか、などのテーマについて
専門家にご登壇いただき、中野にある野方区民センターでシンポジウムを開催します。

チラシ被災イベント再.jpg


今回の登壇者の一人、中村勝美さんは、元陸上自衛隊研究本部特殊武器研究室長です。
世界中に核戦争を想定した特別な部隊があります。旧ソ連でも化学兵器、核兵器防護対策部隊があります。
チェルノブイリの事故の時に最前線で活動したのはこの部隊でした。
彼らが放射能から住民を守るという意味でも最も能力ある専門部隊であり、また放射能の恐ろしさを良く知っている部隊でもありました。

日本でも陸上自衛隊に中央特殊武器防護隊があります。3・11のときに福島原発に向かったのは彼らでした。
しかし、現場では3号機爆発の危険性は伝えられず、水素爆発の直撃を至近距離で受け、負傷者を出すことになりました。さらに空中からの注水活動も、直前にヘリの放射能防護板応急処置でおこなうという状態でした。自衛隊では次に起こるかもしれない原発事故に対して、どのような教訓を学び、対策を立てているのでしょうか。
中村さんには、「自衛隊の原発事故救援の課題」と題してお話を聞きます。
私たちは政府や自治体や消防や自衛隊が次の事故でどこまで対応する力を持っているのか、どのような問題を抱えているのか知る必要があります。どうぞこのめったにない機会を逃さず、ご参加ください。


どうぞよろしくお願い致します。

**********************************

<イベント>

DAYS原発災害対策を考えるシンポジウム
「次の原発事故が起こった時、私たちに何ができるのか」
-自分とまわりの人を守る方法 -

日時:2017年2月27日(月) 午後7時−9時半
場所:野方区民ホール 西武新宿線 野方駅 徒歩3分
http://www.nicesnet.jp/access/nogata.html

【登壇者】
「自衛隊の原発事故救援の課題 」
中村勝美( 元陸上自衛隊研究本部特殊武器研究室長) 

「避難の困難と提言」
上岡直見 (環境経済研究所長《技術士事務所》 )

「国会事故調の提言は、何が生かされ、何が生かされなかったか」
田中三彦 (国会事故調査委員会委員)

「次の原発事故でメディアは役割を果たせるのか」
七沢 潔 (NHK放送文化研究所上級研究員 )

「原発災害対策フォーラムの紹介 ー ヨウ素剤配布など」
広河隆一 (DAYS被災児童支援募金・原発災害対策フォーラム世話人)

参加費:1000円 ※要予約

申し込みフォームhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/96ce3a7e491343
メール:shienbokin@daysjapan.net
電話: 03-5376-7898
主催:原発災害対策フォーラム、DAYS被災児童支援募金 
後援:DAYS JAPAN 


posted by デイズジャパン at 21:37| Comment(0) | 編集長便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

DAYS JAPAN 総務スタッフ(正社員)募集

DAYS JAPANではただいま総務スタッフを募集しています。
DAYS JAPANの誌面づくりだけでなく、救援・支援活動など
スタッフの一員として、総務の面で支えてくださる方。
ご応募お待ちしています。

【DAYS JAPAN 総務スタッフ(正社員)募集】

[仕事の内容]
顧客データ管理(受注、データ入力等)・発送作業(梱包)・労務管理・人事・請求書発行、雑務、経理補助 など
[対象となる方]
ワード・エクセルなどのPC操作が出来る方。
[勤務地]東京都世田谷区松原1-37-19-302(京王線「明大前」駅より徒歩2分)
[勤務時間]10:00〜18:00(応相談)
[入社日]応相談
[給与]当社規定による
[待遇・福利厚生]昇給年1回・賞与年2回・社会保険完備・交通費支給(上限2万円)
[休日・休暇]週休2日(土・日)・祝日・有給・夏季・年末年始

[応募方法]
履歴書(写真貼付)・職務経歴書・志望動機を以下までお送りください。
書類選考の後、面接対象の方にはこちらよりご連絡を差し上げます。
※応募書類は返却致しませんのでご了承下さい。
※面接日・入社日は相談に応じます。

[問い合わせ・書類送付先]
株式会社デイズジャパン
〒156-0043 東京都世田谷区松原1-37-19 武内ビル302
TEL: 03-3322-0233
Email: info@daysjapan.net

posted by デイズジャパン at 17:11| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

福岡、長野、鹿児島、大分、大分・臼杵、熊本、北海道の7会場で映画『広河隆一 人間の戦場』の上映会と講演会が開催されます!

今週末から、12月上旬まで、長野、福岡、鹿児島、大分、大分・臼杵、熊本、北海道の7会場で映画『広河隆一 人間の戦場』の上映会と講演会などが予定されています。

Hirokawa_B5_H1.jpg

主催者のみなさま、ありがとうございます。いまだからこそ多くの方にみていただきたい映画です。お近くの皆様、この機会にぜひご参加ください。

『広河隆一 人間の戦場』劇場予告編


◆福岡県福岡市
上映日:2016年11月25日(金)
上映時間:18:00〜 ※上映後、広河隆一の講演あり
会場:天神チクモクビル大ホール
(福岡市中央区天神3-10-27)
前売:¥1,000/当日¥1,500
申し込み:http://kokucheese.com/event/index/435946/
主催:NPO法人たんぽぽとりで
お問い合わせ:TEL070-5813-3307(山中)
− − − − −
◆長野県上田市(第4回うえだ平和映画祭での上映)
上映日:2016年11月26日(土)、27日(日)
上映時間:
11月26日…18:30〜
11月27日…13:20〜 
☆ 「うえだ平和映画祭」では長谷川三郎監督作『ニッポンの嘘』も上映
11月26日 16:45〜18:00 長谷川監督のトークショー開催
映画祭チラシhttp://www.tongpoo-films.jp/uedaheiwafes2016.pdf
会場:上田映劇
(長野県上田市中央2丁目12−30)
主催:うえだ平和映画祭 実行委員会
問合せ:TEL070-5565-8599
MAIL:uedaheiwaeigasai@gmail.com
・一般パスポート 前売1,800円(当日2,000円) ※何度でも入場可能
・学生パスポート 前売1,000円(当日1,200円)※高校生以下無料
・1作品鑑賞 前売1,500円(当日1,800円 )
・トークのみ 1,000円(映画を見た人は無料)
− − − − −
◆鹿児島県鹿児島市
上映日:2016年11月26日(土)
上映時間:18:00〜 ※上映後、広河隆一の講演あり
会場:鹿児島県教育会館 3F
( 鹿児島県鹿児島市山下町4−18)
入場料:1000円(予約不要)
主催:ストップ川内原発!3.11鹿児島実行委員会
お問い合わせTEL099−248−5455(向原)
− − − − −
 
◆大分県大分市
上映日:2016年11月27日(日)
上映時間:14:00〜 ※上映後、広河隆一の講演あり
会場:コンパルホール 視聴覚室
(大分市府内町1-5-38電話097-538-3700)
入場料:前売り・予約¥1000 /当日¥1300
予約先:mail:nonukes@able.ocn.ne.jp
Fax:097-532-3772
主催:しあわせな未来政策研究会
お問い合わせ:TEL090-1348-0373(小坂)
− − − − −
 
◆大分県臼杵市
上映日:2016年11月28日(月)
上映時間:18:30〜 ※上映後、広河隆一の講演あり
会場:臼杵市民会館 小ホール
(大分県臼杵市臼杵72-83)
入場料:前売り・予約¥1000 /当日¥1300
主催:九条の会・うすき
お問い合わせ:TEL090-5725-6187(奥田)
− − − − −
 
◆熊本県熊本市
上映日:2016年12月1日(木)
上映時間:18:00〜 ※上映後、広河隆一の講演あり
会場:Denkikan
(熊本県熊本市中央区新市街8-2)
入場料:前売り800円/当日1000円
主催:タウンミーティング@くまもと
お問い合わせ:TEL090-9302-2036
Email:asonokumo@gmail.com
− − − − −
◆北海道札幌市
上映日:2016年12月3日(土)
上映時間
一回目 13:30〜(上映)、広河隆一 トーク(15分ほど)
二回目 16:00〜(上映) 広河隆一講演18:00〜20:00
会場:北海道クリスチャンセンター
(北海道札幌市北区北7条西6丁目)
入場料:前売 800円、当日1000円
主催:福島の子どもたちを守る会・北海道
問い合わせ:TEL090-6990-5447
− − − − −
posted by デイズジャパン at 20:35| Comment(0) | 企画部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする